公益社団法人横浜中法人会
 
公益社団法人 横浜中法人会 住所:横浜市中区不老町2-11-8 税経研修センター TEL:045-662-6433 FAX:045-641-8222
HOME 法人会概要 入会のご案内 サービス 行事予定カレンダー 他会行事予定  
公告の掲載について
特設コーナー

株式会社 植勘 地元老舗企業巡り70年以上の企業

_饉劼了業内容について簡単に教えてください。

民間・公共の造園工事に関わる全ての事業です。マンションや幼稚園等の植栽管理や電気・給排水工事など造園を軸として派生する業務に幅広く取り組んでいます。公共の仕事としては主に公園の整備・街路樹の管理など。民間の仕事としては、個人宅の庭の手入れからゼネコン発注の大規模な植栽まで。庭の設計・洋風・和風庭園の施工等、あらゆるニーズにお答えしております。

130年間で一番苦労されたことは何ですか?

それはやはり3.11の時です。臨港パークが陥没し、広範囲で液状化現象が起こりました。みなとみらいの顔でもある場所をゴールデンウィークまでに弊社1社で直せるかという横浜市港湾局のオファーに「できます」と答えてしまって(笑)、社員一丸となって必死に復旧工事を行いました。流動化処理土を流し込むのですが、予想より空洞が大きく、またその処理土が下水などに流れ込まないか細心の注意を払いながら、振り返ることなくひたすら前に向かって進みました。みんなの力で、間に合った時には苦労よりも安堵したのを覚えています。

130年続いた秘訣をおしえてください。

節目、節目で特別なにかしたことはないのですが、100年経った時には、歴史を感じました。この会社を後世に残して行かなくてはと意識したのは確かです。130年続いたのは、バブルの時期でも会社を大きくしないで家族のような社員と団結して細かい仕事をコツコツやり続けたことではないでしょうか。良い時も悪い時も地道にやり続けた結果です。先代(祖父)の頃は、50人位の職人が出入りをしていました。祖父の後ろ姿を、先頭で身体をはって働く父の後ろ姿を見て、今の私たちがあります。

じ羲劼CSRやSDGs、社会貢献活動などを教えてください。

仕事そのものが緑を増やし、人や生き物に優しい環境を造ることですが、常に自然であることを意識しています。人が故意に伐採するより、木の生きる力を大事にし、そのものの美しさを引き立て、山から水が溢れて堰き止める仕事でもなるべく流木や昔の三和土など自然な素材を使って施工するように心掛けています。

ニ/猷颪箸隆悗錣蠅呂覆砲ありましたか?

法人会の事務所、税経研修センターの植栽は弊社が施工したものです。今度目に留めてみてください。法人会の活動に関してはほとんど母に任せております。

Δ海譴ら150年に向かっての抱負をおしえてください。

弊社の歴史は横浜の歴史とほぼ同じ。横浜が好きで誇りに思っていますので、横浜のためになるような企業でありたいと考えています。また、造園業としての既成概念に囚われず、もっと広い視野での人材を取り入れていきたいと考えています。第40回よこはま花と緑のスプリングフェア2018で横浜市緑の協会理事長賞をいただきました。流木をアレンジした作品は、環境に優しい私たちの思いが伝わったのではないでしょうか。横浜が自然の美しい街になるよう尽力していきます。


会員情報
会員リスト
会員専用メニュー
会員専用 会員リスト
メールアドレス登録
操作マニュアル
部会
青年部会
社会経済の動き
 

-天気予報コム- -FC2-
社団法人横浜中法人会
Copyright (c) 2004-2006 Yokohama Naka hohjinkai All rights reserved. Produce by saipri