公益社団法人横浜中法人会
 
公益社団法人 横浜中法人会 住所:横浜市中区不老町2-11-8 税経研修センター TEL:045-662-6433 FAX:045-641-8222
HOME 法人会概要 入会のご案内 サービス 行事予定カレンダー 他会行事予定  
公告の掲載について
特設コーナー

横浜中法人会青年部会 「経営者研修会・懇親会」

令和元年9月10日(火)、青年部会研修委員会と交流委員会が共同主幹となる経営者研修会・懇親会が横浜クルーズ・クルーズで行われた。

第一部となる研修会は、研修委員会が主幹。青年部会 豊川部会長の挨拶と本日の講師の紹介で講演会が始まりました。

豊川部会長 講師の君嶋 哲至氏
 
         福井副部会長  

今回の経営者研修の講演テーマは「お酒の仕事」。講師をして頂いたのは1892年が創業である横浜が誇る酒販店、株式会社横浜君嶋屋の代表取締役社長である君嶋哲至氏です。本講演会では、「売れるものを売る」のではなく、「売りたいものを売る」というこだわりの理念を貫き続ける、君嶋社長のお酒に対する哲学を語って頂きました。

君嶋氏は、お酒の魅力を多くの人に知ってもらうために、日本国内、海外を問わず蔵元、ワイナリーに自ら足を運び、たとえ無名でもあっても質が良くご自身がうまいと認めたこだわりのお酒を取り扱っているそうです。

常に自ら現地に足を運び、実際にお酒を造る人に会い、酒蔵を自分自身で見てきた多くの経験から、そのお酒がたとえ無名であっても、良いお酒を造っている人は国を問わず、皆さん「とても良い顔」をしていることが見えてきたそうです。長年に渡る君嶋社長の経験より生まれた素晴らしい言葉だと思います。

これはおそらく業種や職種に関わらず良いもの人々に喜ばれるものを作る人たちに必ず共通するのではと思いました。

講演が終了したあと、第二部として交流委員会が主幹する懇親会が引き続き行われ、君嶋社長にもお忙しい中ながら懇親会も最後までご参加頂きました。

懇親会では、メインゲームとして「青年部会格付け!!チェック一流委員会」を行いました。

ルールは、AとBに注がれたお酒を試飲し、どちらが超高級なお酒かを当てるというもの。

試飲者は各委員会から3名を選出、計5チームの対抗戦で行いました。日本酒やワインなど、一本3万円もするお酒も登場し、会場はヒートアップ!

試飲者がどんどん陽気になっていく中、全5 回戦の死闘(?)を制したのは・・・なんと企画担当である交流委員会というまさかの結末となりました。

お酒離れが叫ばれる現代ですが、美味しいお酒を囲むと自然と笑顔が生まれる、そんな空間を共有できた素晴らしい時間でした。

君嶋社長には、これからも世界を渡り歩き、色々な食べもの、食材に合う美味しいお酒を私たちに提供し続けて頂きたいと思います。お酒に対するこだわりや考え方、そしてお酒の未来についてお酒を心から愛する君嶋社長の情熱が伝わる講演を、そして懇親会と長い時間お付き合い頂き、大変ありがとうございました。

なにより、主幹である青年部の鈴木研修委員長、大橋交流委員長をはじめとする委員会メンバーの方々お疲れ様でした。


青年部会 研修委員会 本山真弘
交流委員会 大内美郷

 


会員情報
会員リスト
会員専用メニュー
会員専用 会員リスト
メールアドレス登録
操作マニュアル
部会
青年部会
社会経済の動き
 

-天気予報コム- -FC2-
社団法人横浜中法人会
Copyright (c) 2004-2006 Yokohama Naka hohjinkai All rights reserved. Produce by saipri