公益社団法人横浜中法人会
 
公益社団法人 横浜中法人会 住所:横浜市中区不老町2-11-8 税経研修センター TEL:045-662-6433 FAX:045-641-8222
HOME 法人会概要 入会のご案内 サービス 行事予定カレンダー 他会行事予定  
公告の掲載について
特設コーナー

関内・馬車道支部主催 経営セミナー・会員懇談会 を開催

3月15日(木)、ホテル横浜ガーデンにおいて関内・馬車道支部主催「経営セミナー・会員懇談会」が盛大に開催された。今回の経営セミナーの講師は、株式会社横浜DeNAベイスターズ代表取締役岡村信悟氏。

冒頭、先ずは昨年19年ぶりに日本シリーズに進出できたことを参加者とともにあらためて喜びをわかちあった。また、2016年はリーグ3位だが負け越し、2017年もリーグ3位であったが、大きく勝ち越しての3位であり、数字の上でも成長のあった1年であったことを確認。本年は1998年の優勝からちょうど20年の節目にあたることから、昨年より大きく飛躍する、との力強い決意も披露された。

「DeNAの取り組むスポーツ事業と横浜スポーツタウン構想」をテーマに約1時間の講演。今回は関内・馬車道支部の会員でもあり、われら横浜が誇る横浜DeNAベイスターズのトップが講師ということもあり来場者も100名を数えた。

セミナーの内容としては、横浜スポーツタウン構想が披露された。横浜をスポーツ産業文化の集積地として、スポーツを核とした都市空間の創出を目指す、とのこと。スポーツをマグネットに更にたくさんの人が集い合う街にしたい、というもので、いわば横浜をスポーツのシリコンバレーのようにし、世界に発信したい、という話は聞く者にとってわかりやすく頼もしい内容だといえた。何よりも「スポーツが人や街を繋ぐ」と信じ、訴える岡村社長の言葉に誰もがうなずき同感する場面が印象的であった。

また、同社は野球だけでなく、バスケットボールのチームも運営しているという事実を知っている人はどれくらいいるだろうか。DeNA社はベイスターズとともに、Bリーグのバスケットボールチーム 川崎ブレイブサンダースの強化も進めており、どちらのチームも注目したい。

セミナーの最後に岡村社長に質問を受けていただいたが、その中に今シーズンの注目の選手は?との質問が。岡村社長は投手でドラフト1位の東選手を、野手ではタイガースからFA移籍の大和の新戦力の2人を挙げられていた。今年のベイスターズは新戦力に期待したい。

経営セミナー終了後には、会員懇談会が行われた。懇談会では、余興としてベイスターズクイズ大会を開催。小池支部長が宜野湾キャンプまで行き調達したベイスターズグッツなどの争奪戦となった。結構マニアックなクイズもあったが、さすがベイスターズのコアファンは出題者の想定以外に正解を連発。大いに盛り上がった懇談会となった。


広報委員会 横山

 


会員情報
会員リスト
会員専用メニュー
会員専用 会員リスト
メールアドレス登録
操作マニュアル
部会
青年部会
社会経済の動き
 

-天気予報コム- -FC2-
社団法人横浜中法人会
Copyright (c) 2004-2006 Yokohama Naka hohjinkai All rights reserved. Produce by saipri