公益社団法人横浜中法人会
 
公益社団法人 横浜中法人会 住所:横浜市中区不老町2-11-8 税経研修センター TEL:045-662-6433 FAX:045-641-8222
HOME 法人会概要 入会のご案内 サービス 行事予定カレンダー 他会行事予定  
公告の掲載について
特設コーナー

みなと支部 ヤマサ醤油工場見学研修会


7月12日は、終日天気にめぐまれ関内駅前を朝、バスで7時半に出発後アクアライン、圏央道経由で目指す銚子の「ヤマサ醬油工場」に予定通り午前11時に到着。

同工場は約7万坪(東京ドーム4つ分)の敷地に2つの工場を置き、約800人の従業員が従事しているとのことで、一部に残る煉瓦蔵は大正時代の風情を感じさせる。(残念ながら工場敷地内の写真撮影は禁止)

豆知識 『美味しい醤油は黒くなく赤い』『ヤマサマークの狆紂蹐了は江戸幕府の最上のお墨付き』

見学ツアーの最初はまず、「見学センター」で20分ほどのガイド映像を視聴し、その後大豆と小麦の入っている巨大な円柱形のサイロの壁を見上げ、麹室、仕込み蔵のもろみタンクとしょうゆ製造工程に従い見学。休憩コーナーで食べたしょうゆソフトクリームとしょうゆピーナッツはは大人の味わいで美味だった。

そもそも醤油は、約700年前の鎌倉時代の紀州和歌山に中国から伝わった味噌作りで桶の底に溜まった液が起源と言われ、その後紀州で盛んになった醤油づくりを江戸時代にヤマサ醤油創業者が気候の温暖な銚子に持ち込んだとの事。その後、最大消費地の江戸の食文化のひろがりと共に江戸川、利根川の水運を使ってヤマサの醤油づくりが発展し現在に至る。

昼食は銚子川口の魚料理『礁 いくり』で会食、美酒のほろ酔い気分で酒々井(しすい)アウトレットでのショッピングを楽しみ、帰路も順調で18時過ぎに無事関内駅前に到着解散。今回は総勢21人の参加で、往復4時間のバスツアーは支部の懇親を深める意味でも大変貴重な見学会であった。


今回の見学会の企画、運営でご苦労頂いた支部の幹事の皆様、また、お忙しいところご同行頂いた事務局の井樋さん。大変お世話になりました。


みなと支部 中野


会員情報
会員リスト
会員専用メニュー
会員専用 会員リスト
メールアドレス登録
操作マニュアル
部会
青年部会
社会経済の動き
 

-天気予報コム- -FC2-
社団法人横浜中法人会
Copyright (c) 2004-2006 Yokohama Naka hohjinkai All rights reserved. Produce by saipri