公益社団法人横浜中法人会
 
公益社団法人 横浜中法人会 住所:横浜市中区不老町2-11-8 税経研修センター TEL:045-662-6433 FAX:045-641-8222
HOME 法人会概要 入会のご案内 サービス 行事予定カレンダー 他会行事予定  
公告の掲載について
特設コーナー

横浜中法人会青年部会研修委員会「バス研修会」を開催

横浜中法人会青年部会は毎年恒例の研修事業である「バス研修会」を8月22日(火)に開催した。今回は、バスの台数を2台にして、多くの会員に「見学」プラス「体験」をとおして環境問題を学び、また、戦争に対する学びを深める事を目的とした。当日は52名もの部会員に参加いただき、千葉の房総で、はちみつ工房(養蜂場)、赤山地下壕、館山ファミリーパークを見学・体験した。


朝8時に定刻通り関内を出発し、まずは君津市の「はちみつ工房」へ。代表で2名の会員が蜂防御服を全身にまとい、全員の前で、はちの巣を収穫した。次は、収穫した巣に対しドラム缶式の遠心分離器を使い、蜜を巣から分離させる作業も体験をした。ドラム缶には蜜を出せる口があり、収穫した蜜を数種類の容器にスタッフが入れ分けていくさまは職人技と言わざるをえなかった。こうして瓶詰めされ、商品化されていくさまを見学した後は、数種類の珍しい蜂蜜を味比べた。蜂蜜に関連する商品であるプロポリスなどもここで生産されている。


続いては、館山市に移り、赤山地下壕跡に移動。ヘルメットを支給され、着用を求められた際は、とても危険な物々しさを感じさせられた。洞窟の入り口に立つと、涼しく引き締まった空気が流れ出してきた。実際に洞窟に入ると、寒くてとても狭く、入り組んだ洞窟であることに驚き、80年も前に軍服を身に纏い、祖国を守るためにここで生活をしていたことを想像すると、現在、我々が平和に暮らせていることを本当に感謝しなければならないと感じさせられた。次は場所を、古民家レストラン「季の音」に移しての会食。美味しい日本料理とお酒に笑顔で話も弾んた。


最後は千葉の伝統工芸である房州うちわを作成した。各自好みの柄を選び、とてもカラフルな出来上がりとなった。帰路は海ほたるに立ち寄り、貴重な学びとともに部会員の親睦も一層深まる一日となった。



青年部会広報委員会 木村


会員情報
会員リスト
会員専用メニュー
会員専用 会員リスト
メールアドレス登録
操作マニュアル
部会
青年部会
社会経済の動き
 

-天気予報コム- -FC2-
社団法人横浜中法人会
Copyright (c) 2004-2006 Yokohama Naka hohjinkai All rights reserved. Produce by saipri