公益社団法人横浜中法人会
 
公益社団法人 横浜中法人会 住所:横浜市中区不老町2-11-8 税経研修センター TEL:045-662-6433 FAX:045-641-8222
HOME 法人会概要 入会のご案内 サービス 行事予定カレンダー 他会行事予定  
公告の掲載について
特設コーナー

横浜市内7法人会の青年部会が集う
「第35回エキサイティングセミナー」を開催

横浜市内7法人会(鶴見・神奈川・緑・保土ヶ谷・戸塚・横浜南・横浜中)の青年部会で毎年幹事が持ちまわりで開催されるエキサイティングセミナー、今回横浜中が主管となり2月24日(金)横浜市中区のローズホテルで開催された。

冒頭、当会青年部 篠崎部会長が「任期2年となる最後の事業。新旧交わる会合になります。交流の場としていただければ」と挨拶し、続いて当会高橋会長が「35年間、継続は力なり!と思います。横浜の法人会青年部会の人数は最も多い青年の団体。さらに発展していただきたい」と挨拶。来賓の横浜中税務署船木副署長も「伝統あるセミナー。今後も中心となる青年部会がさらなる活躍を祈念しています」と激励の言葉を頂きスタートした。

高橋横浜中法人会長 篠崎部会長

船木横浜中税務署副署長

第1部はテレビ番組などでお馴染みの慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授・岸博幸氏をお招きし、「日本経済の現状未来」をテーマにした講演。

岸氏は「2019年を機に短期的成長率や潜在成長率などの変革期になる。今年、来年などの景気上昇があり得るが、一時のことと思ってほしい。2025年には団塊世代の超高齢社会の到来など、マイナス傾向は否めない。実は今年、来年と大事なタイミングにある」と話し、「ただ、日本経済の不安材料はあるものの、民間企業が生産性を高める会社つくり、かつイノベーションを創り出せる企業を。さらには環境の変化に応じれる企業つくりを」と述べていた。また、「IRなども横浜にとってはチャンス!」など、多くのメッセージを送り、聴講者は熱心にメモをとっていた。

みなさん岸博幸先生の講演を熱心に聴いていました

第2部では、参加者160名以上の大懇親会。当会青年部 小相澤副部会長の冒頭の挨拶と当会可知委員長(担当)の乾杯で開宴。マジックショーがあり、7法人会青年部会長の私生活や各部会長の2年間の事業の振り返りや、クイズ形式で行われた余興など、会場内は大きな笑いにつつまれていた。

最後に、次回主管の神奈川法人会青年部会の月山次期部会長から「来年は神奈川が担当。伝統に恥じない設えを行っていきます」と抱負を述べ横浜中からのバトンを受けとった。

大懇親会参加のみなさん

可知委員長の乾杯で開宴

コンサートやマッジックショーが大会に花を添えました

次回主幹の神奈川法人会青年部会の挨拶

7年に1度回ってくる青年部会の大きな事業が無事に終了した。篠崎部会長をはじめ、多くのメンバーが卒業している7年後。「7年前はさあ?!」などと話していたいと思った。

青年部会の皆さま、2年間の最後の事業、お疲れ様でした。

広報委員会 福井二郎


会員情報
会員リスト
会員専用メニュー
会員専用 会員リスト
メールアドレス登録
操作マニュアル
部会
青年部会
社会経済の動き
 

-天気予報コム- -FC2-
社団法人横浜中法人会
Copyright (c) 2004-2006 Yokohama Naka hohjinkai All rights reserved. Produce by saipri