公益社団法人横浜中法人会
 
公益社団法人 横浜中法人会 住所:横浜市中区不老町2-11-8 税経研修センター TEL:045-662-6433 FAX:045-641-8222
HOME 法人会概要 入会のご案内 サービス 行事予定カレンダー 他会行事予定  
公告の掲載について
特設コーナー

野並直文社長の 「経営セミナー」 を開催!


去る10月25日(火)、横浜駅東口のヨコハマジャスト1号館大会議室で「経営セミナー」が開かれ、会員ら含め150名が参加した。このセミナーは、研修委員会(古川昌弘委員長)の主幹で行われ、会員各社の交流の場として行なわれているセミナー。今年は同法人会・前会長の崎陽軒・野並直文社長を招聘し、「横浜を代表する現役経営者に学ぶ繁盛の秘訣とは?」をテーマに開催した。

冒頭、野並社長は「法人会活動、皆さま、お疲れ様です!日頃、皆さまのご活躍に敬意を表します。さらなる活動を…」と胸花を外して、講演に入った。

   

「昭和当初、先代の野並茂吉が創業した時代に、駅弁が売れなかった時代がありました。小田原には蒲鉾、静岡は山葵漬など、横浜の名産品は??の時代。何とか横浜での名産を!からの発想で、ホタテ貝柱・豚肉のミンチ(臭みがとれる)の小さなシウマイを販売しました。昭和28年にはシウマイ娘の映画化や、木桶で蒸す「シャリ」の開発などもあり、軌道に乗ったかと思われます。最近では、カンブリア宮殿(TV)の出演があったりと。ですが、経営の根幹は時代が代わっても変わらないと思います。弊社も、マーケティング力強化(TV出演も一環です)、効率的な運営、経営。7年前には経営理念も、 屮蹇璽ルブランド」を、挑戦し「名物名所」を創造すること、食を通して「心」を満たすことを目指す!と改定などもしております。

中小企業はお金、人、モノがやはり不足します。共感、価値観など、全社的に同じベクトルへ導くことでまとまった経営が必要。また、身の丈にあった成長経営、自分を律する規律の文化なども不可欠と思います」などと、経営に関する助言等を話された。

講演の来場者も熱心にメモを取り、あっという間に終了。謝辞挨拶には現会長の江戸清・高橋会長から「歴史伝統を尊重し、着実な経営!の参考になりました。あと、長年の法人会活動も感謝いたします」と御礼を述べ、エールが交わされた。

   

そして、懇親会が行われ、野並社長は「カンブリ宮殿出演後に講演依頼が増えた。実は苦手なんだよなあ・・」と、胸花を外す姿なども重なり、気さくで涼やかな人柄が垣間見れたセミナーだった。


広報委員会 福井二郎
会員情報
会員リスト
会員専用メニュー
会員専用 会員リスト
メールアドレス登録
操作マニュアル
部会
青年部会
社会経済の動き
 

-天気予報コム- -FC2-
社団法人横浜中法人会
Copyright (c) 2004-2006 Yokohama Naka hohjinkai All rights reserved. Produce by saipri