公益社団法人横浜中法人会
 
公益社団法人 横浜中法人会 住所:横浜市中区不老町2-11-8 税経研修センター TEL:045-662-6433 FAX:045-641-8222
HOME 法人会概要 入会のご案内 サービス 行事予定カレンダー 他会行事予定  
公告の掲載について
特設コーナー

青年部会だより


横浜中法人会青年部会研修委員会が「酒造バス見学会」を開催

今年度最後の研修事業となる「酒造バス見学会」を、横浜中法人会青年部会は2月26日(木)午前11時から午後8時半まで、執り行った。日本の文化を見つめ直し、会員のコミュニケーションを深めようとの目的で、40名が参加(定員40名)。あいにく雨の中で開かれたが、厚木市にある「黄金井酒造」と飯山温泉「ふるさとの宿」の2つを巡るツアーを楽しんだ。

黄金井酒造全員写真 風情あるおもむきです
米蔵での試飲会 精白前の米を見入る

まずは、「黄金井酒造」に到着。創業1818年で神奈川の地酒「盛升(さかります)」を造る黄金井酒造の製造を見学。米を磨く精白⇒蒸米⇒酒母(俗にいう酵母の培養)⇒発酵⇒上槽(しぼり:酒と酒粕を分ける工程)⇒ろ過⇒火入れ⇒貯蔵⇒ビン詰めという流れを、ビデオを見ながら説明を受けた。ガイドさんがビールやワインなどの工程との違いを話しながら解説し、参加者らは熱心に聞き入っていた。貯蔵からビン詰めの過程は、目前で披露。1時間で1升瓶を600本詰めるというので、参加者らはどよめくほど見入っていた。

また、同酒造社は、ほかにも「さがみビール」、焼酎なども製造・販売している。米蔵で試飲会も催され、日本酒、焼酎、ビールなどの味見で、ほろ酔い気分になっていた。

ビン詰めを説明するガイドさん ビン詰めを見入るみなさん

次に、厚木飯山温泉「ふるさとの宿」に移動。日帰り温泉でも、かつての修学旅行を彷彿するような、はしゃぎながらの入浴で、参加者らはにぎわっていた。そして、懐石料理の夕食へ。宴会場にはカラオケなどもあり、歌あり、踊りあり…で年度最後の事業を堪能していた。

平坂部会長は「これが年度最後の事業。多くの参加者に感謝したい。2年間ありがとうございました!」と挨拶。次年度の部会長予定者、篠崎さんは「かつては数名のツアーだった。今では40名定員で40名が来るほど。多くの会員がいることで襟を正す思いでいっぱいです。次年度以降も盛り上げていきたい」などと抱負を語った。

同事業の主幹・可知研修副委員長も「最後の最後に参加者らが楽しんで頂けたと思う。多くの参加者で我々の委員会も頑張れました」と話し、参加者らに謝辞を述べた。

飯山温泉「ふるさとの宿」  
宿でおつかれさまでした

4月から、いよいよ次年度。新たな青年部もスタートする。会員数が増えて、より多くの事業と、より多くの参加者で、親睦が深まる「集える場」が活性化されたらと思う。

(J・F)
会員情報
会員リスト
会員専用メニュー
会員専用 会員リスト
メールアドレス登録
操作マニュアル
部会
青年部会
社会経済の動き
 

-天気予報コム- -FC2-
社団法人横浜中法人会
Copyright (c) 2004-2006 Yokohama Naka hohjinkai All rights reserved. Produce by saipri