公益社団法人横浜中法人会
 
公益社団法人 横浜中法人会 住所:横浜市中区不老町2-11-8 税経研修センター TEL:045-662-6433 FAX:045-641-8222
HOME 法人会概要 入会のご案内 サービス 行事予定カレンダー 他会行事予定  
公告の掲載について
特設コーナー

印刷物発注担当者様 デジタル時代の落とし穴


第2回 OCRソフト特有の誤変換

宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」の中で、ジョバンニが活字を拾う場面があります。原稿を見ながら金属でできた文字をピンセットで木枠に詰め込んで行く作業です。かつてはどこの印刷所にも活字の並んだ棚があったものです。しかし「写真植字」の登場により活字の需要は衰退します。かつて「手動写真植字」は専門の職人によるアナログ作業でした。しかしコンピュータの登場と普及によりこれが「電算写植」というデジタル時代の黎明期を迎え、現在のDTP(※1)へ至ります。一部の専門職だった文字を組むという世界に、多くの人が関わるようになってきたことで、アナログ時代には考えもしなかった「ヘンなこと」が起きているようです。

OCRソフトをご存知でしょうか。ウィキペディアの解説によれば、光学文字認識(こうがくもじにんしき、英: Optical Character Recognition)は、活字の文書の画像(通常イメージスキャナーで取り込まれる)をコンピュータが編集できる形式(文字コードの列)に変換するソフトウェアである。…簡単にいえば、スキャナーで読み込むと自動的に文字打ち(タイプ)をしてくれるソフトです。

OCRソフト(以下OCRと省略)は便利で、しかも安価な製品も増えたため、既存の印刷物から大量の文字を入力する時にはとても重宝するため、多くの現場で使われています。印刷や編集の専門職の現場のみならず、一般企業の事務作業で活用することも多いのではないでしょうか。しかし、読み込むおおもとの原稿の状態によってその正確さはかなり変わってきますし、OCR自体の認識率も決して高いとは言えません。

たとえば普通に人間が打っていたらありえない誤変換では、「横浜中法人会」が「横浜中法入会」に、また「神奈川県」が「ネ申奈川県」に、「申請」が「甲請」にといったミスがおこります。「会社」が「会杜」に、「生ビール」が「生ピール」になっている事もあります。「り」と「リ」も要注意。「りんご」が「リんご」になっていてもほとんどの人は気がつきません。りんご、の場合は比較的罪のないほうのミスですが、決して間違えてはいけない筈の数字でも、形の似たものは危険です。3と5と6と8です。1と7も自体によってはあまり差が無いために入れ替わる事があります。最近の朝のドラマで主人公が合格発表の時に1と7を勘違いしたのも記憶に新しいところです。このあたりは手書きのものを人間が見た時にでも、勘違いがおこりやすいのでコンピュータも当然勘違いするようです。

これらは小さな文字で組まれた誌面ではなかなか気づかないものです。慎重に何人もの目で校正をしても、見落とされ、なぜか大量に印刷されて納品になったの後に発見されることが多いようです。

大切なのは校正をする時に「簡単に信用すること」ではなく「必ずどこか間違っている筈だと疑ってかかること」です。とかく、キレイに組み上がった校正紙を見ていると、ちゃんとしているように見えるものですが、うわべの美しさにだまされる事なく、冷静に中身をじっくり見極める事が大切です。…印刷物の校正の話しですよ。

広報委員会 副委員長 玉川 昭子

※DTP(Desktop publishing、デスクトップパブリッシング)とは、
 日本語で卓上出版を意味し、書籍、新聞などの編集に際して行う割り
 付けなどの 作業をコンピュータ上で行うこと。

会員情報
会員リスト
会員専用メニュー
会員専用 会員リスト
メールアドレス登録
操作マニュアル
部会
青年部会
社会経済の動き
 

-天気予報コム- -FC2-
社団法人横浜中法人会
Copyright (c) 2004-2006 Yokohama Naka hohjinkai All rights reserved. Produce by saipri