公益社団法人横浜中法人会
 
公益社団法人 横浜中法人会 住所:横浜市中区不老町2-11-8 税経研修センター TEL:045-662-6433 FAX:045-641-8222
HOME 法人会概要 入会のご案内 サービス 行事予定カレンダー 他会行事予定  
公告の掲載について
特設コーナー

支部事業あれこれ

拝見その1 西区第3支部

社団法人横浜中法人会ではそれぞれの支部で工夫を凝らして支部事業を行っていますが、中でも、ユニークな事業・変わった事業・なるほどなという目から鱗の事業などなどを紹介します。不定期ではありますが、初回は西区第三支部の登場です。なお、自薦他薦を問いませんので、是非ご紹介ください。


 
左から副支部長 川合 逸平 氏、支部長 吉田
守人 氏、専任幹事 中村 佳子 氏
  中区内の碑を見て歩く

──「中区内の碑を見て歩く」というのを前にやっていたと思いますが、何回くらい続けられたのですか。

「横浜もののはじめ探訪」という企画で、全部で3回開催しました。ビール醸造の始まり・クリーニング発祥の地・日刊新聞の始まり・税関の始まりなどなど、横浜には日本で初めて紹介されたり行われたりという事がとても多いので、中区内に点在するそれらの碑をめぐるコースをウオーキングにちょうど良いくらいに設定して、そこを解説しながら見てまわりました。そしてそのあと懇親会をして解散というパターンですね。日本郵船の「歴史博物館」を組み込んだりもしましたが、なかなか評判がよくて累計で115名の皆さんにご参加いただきました。

 
区民まつり   租税教室

──西区の「区民まつり」には本部も社団法人横浜中青色申告会・西区納税貯蓄組合連合会・横浜小売酒販組合などと共催で出店していますが、支部独自で出店は西区第三支部だけで、中区の「区民まつり」には支部は出店していませんよね。

法人会のPRをしたいと思って始めたのですが、今年で3年目になります。ただチラシを配るだけではなかなか受け取って貰えなかったり、すぐに捨てられたりするので、アメをつけたり物を配ったりとか試行錯誤しながらやってきました。ありがたいことに今年は横浜中税務署から署長・副署長、それに法人会にかかわる部署の方々が朝早くから総動員で見えて、頭が下がる思いでした。皆さんで税金関係のビラや資料を配布していただいたので午前中に配布資料がなくなってしまうほどでした。午後は税金クイズをやりましたが、野菜などを安く仕入れて袋詰めにしてね、当たったら大きい方、外れたら小さい方を渡すんです。これも盛況でした。来年は問題を老若男女で分けようと思っています。これは署にお願いしないといけないのですが、子供向け・主婦向け・お父さん向け・お年寄り向け等に分けたクイズにね。それに、気がついたのですが、税金に対して疎い方が多い。消費税の税率を知らない方もいる。税務署も、もっと税のPRが必要ですね。法人が税に関心を持つのは当たり前ですが、一般のお母さんやお年寄りなんかに関心を持ってもらうようにしないとね。もっとも、法人会って何ですか、なんて聞かれたりするので我々も一生懸命PRしないと。ま、それにしても年々反応が良くなっています。申し込めば出店できるので、中区でもどこかの支部が出店すればいいと思いますね。

──せっかくだから、「横浜中税務署長」とか「副署長」とか大きく書いた「たすき」なんかを掛けてもらったら面白かったかもしれませんね、冗談ですが(笑)。
ところで、中学校で「租税教室」を開催されたそうですね。

小学校では、子供たちが警察署や消防署を訪問して交通安全や防犯・防火などの大切さを勉強しているのですが、税金のことも勉強してもらったらどうかと考えて、税務署に尋ねたところ「神奈川県租税教育推進協議会」という団体の事務局が中税務署内にあって、ここが小中学校で「租税教室」を開催しているとわかりました。そこで町内活動で一緒になることが多かった岩井原中学校の校長先生に相談したところ租税教室の開催に快諾を頂きました。早速申込みをしたのですが、横浜中法人会が推進協議会の会員でなかったため、まずは会員になってからということで、結局2年がかりになってしまいました。長かったです。

「租税教室」は中学2年生3クラスで、掲示物や映像を使って対話形式で行われました。ジュラルミンケースに入った1億円の現ナマには生徒たちもびっくりして、嬉しそうに触っていました。私達も後ろで授業を参観しましたが、税金の大切さを少しわかってもらえたと感じました。法人会の名前は出してもらえませんでしたが、有意義な事業となりました。社会科担当の先生方が大変ご苦労をされて授業のスケジュールを練り上げてくださったと後でお聞きしまして、この紙面をお借りしてお礼を申し上げたいですね。本当にありがとうございました。

──他にはどんな支部事業をしているのですか。

バス研学研修会は赤字になってしまうことが多かったので、昨年は西区第2支部の皆さんと共催しました。その方が、他支部との交流も図れるし人数も集まる。

──複数支部の合同事業は今期だけ見ても、セントラル・伊勢佐木第1、第2・不老の4支部が合同でゴルフ競技会を、西区第2、第4支部が税務研修会とバス研学研修会を開催していますね。最近は昔に比べて会員数も減少しているし、おっしゃるように他支部との交流という意味でもお勧めかもしれませんね。今日はお忙しい中ありがとうございました。

取材 広報委員長 小竹 道夫

会員情報
会員リスト
会員専用メニュー
会員専用 会員リスト
メールアドレス登録
操作マニュアル
部会
青年部会
社会経済の動き
 

-天気予報コム- -FC2-
社団法人横浜中法人会
Copyright (c) 2004-2006 Yokohama Naka hohjinkai All rights reserved. Produce by saipri