公益社団法人横浜中法人会
 
公益社団法人 横浜中法人会 住所:横浜市中区不老町2-11-8 税経研修センター TEL:045-662-6433 FAX:045-641-8222
HOME 法人会概要 入会のご案内 サービス 行事予定カレンダー 他会行事予定  
公告の掲載について
特設コーナー

法人会の社会貢献活動

2年目を迎えた山下公園清掃活動

体験レポート 山下公園清掃活動  株式会社 廣岡企画 廣岡 幸一 氏


 
氷川丸も見守っていました   日頃、山下公園をお散歩する
ワンちゃんも参加していました

7月16日、「横浜開港記念みなと祭り国際花火大会」が開催され、予定通り翌日の海の日の早朝に山下公園清掃活動が行われた。

花火大会終了後に残されたゴミの山を片づけるのに翌日一杯かかってしまう。せっかく国内外から横浜を訪れた人達の前にいつまでもゴミの山を放置しておくわけにはいかない。

何か自分たちでできることはないのだろうか。愛する横浜の街のために先ずは行動してみよう。昨年、社団法人横浜中法人会は近澤弘明会長のリーダーシップの下、山下公園の清掃作業に取り組むことになった。

そして昨年同様、事業委員会(長谷川正委員長)、青年部会(仲亀晃央部会長)の主催で2年目の清掃活動を行った。

集合は午前6時。昨年よりも30分早いが2年目ということで朝食もしっかりと摂り、気持ちに余裕をもちながらかけつける。天候は曇天。絶好の清掃日和である。

昨年は到着と同時に公園中に散乱したゴミを一瞥しただけで一抹の不安がよぎったものだが今年はゴミの散らかり具合が少なく感じる。気持ちのせいなのだろうか?いや、明らかに飛散が少ないようだ。

参加者も明らかに多くなっている。清掃後に確認したところ、昨年の参加者106名をはるかに上回り184名の参加者であった。

近澤会長をはじめ参加者全員が一抹の不安を抱えて集合していた昨年と異なり、堅い表情は見受けられない。むしろレクリェーションに集まった雰囲気に近いと感じたのは私だけだろうか。

受付を済ませると声を掛けさせて頂いた地元の町内会から80歳になるKさんが既に待機していた。昨年参加してくれたHさんに続き最高齢参加者ではないだろうか。

さて、近澤会長の挨拶と担当役員からの作業手順の説明があり、チームを編成し、各自拾うゴミの種類と位置取りを決めいよいよ作業開始。

山下公園の幅は約100メートル。長さは1キロメートル弱。広さは7.4ヘクタール。

昨年は拾っても拾ってもゴミが無尽蔵に落ちているように思われた。はたして今日中にこのゴミを片づけられるのだろうか。恐らく全員がそんな思いを抱いたのではないだろうか。

今年は昨年の経験があるので自信たっぷりに落ち着いて淡々と作業をこなす。そして1時間30分後、幾つかのゴミの集積場所を除いて山下公園は見事に美しさを取り戻していた。そして何よりも美しく見えたのは参加者全員の達成感と自信に満ちた笑顔であったことは昨年同様であった。

今年の参加者を観察すると昨年にはなかった特徴に気が付いた。企業ぐるみの参加者。家族ぐるみの参加者。そして日経新聞に清掃活動の予告記事が掲載された影響もあり学生さんが増えたことである。教育の場でもこうしたボランティア活動への参加を積極的に評価していることがあり参加の証を求めていた学生さんが目立った。

さて、今後の課題も見えてくる。確かに花火大会の会場の美しさを取り戻すことができたのだが実はゴミが街中に散乱しているのである。また花火大会は今回だけではない。

3年目、4年目と回を重ねることにより参加者は増えていくことだろう。さらに私たちの活動に呼応するように様々な団体が様々なイベント、様々な地域で清掃活動を行うことになるのではなかろうか。

数日後、あるブログを目にした。タイトルは「横浜を愛する人間として」。若い女性が記したようだ。彼女は花火大会の当日、花火終了後に限られた時間ではあるが散乱したゴミを片づけてから帰ったそうだ。そして今後のお祭りの後に少しでもいいからゴミ拾いをしてみませんかと呼びかけている。「横浜を愛する人間として恥じない横浜にできたら」と結んでいる。この記事には数十のコメントが寄せられていた。

あぁ、この人達がいたので昨年よりもゴミが片付いていたのですね。もう素敵な仲間がこんなにいるんだ。とても嬉しいブログでした。

(広報委員長)

 
榎下副会長の終了の挨拶に
満面の笑顔の近澤会長
  アスファルトに残されたガムテープと格闘!

   
     

会員情報
会員リスト
会員専用メニュー
会員専用 会員リスト
メールアドレス登録
操作マニュアル
部会
青年部会
社会経済の動き
 

-天気予報コム- -FC2-
社団法人横浜中法人会
Copyright (c) 2004-2006 Yokohama Naka hohjinkai All rights reserved. Produce by saipri