公益社団法人横浜中法人会
 
公益社団法人 横浜中法人会 住所:横浜市中区不老町2-11-8 税経研修センター TEL:045-662-6433 FAX:045-641-8222
HOME 法人会概要 入会のご案内 サービス 行事予定カレンダー 他会行事予定  
公告の掲載について
ワンモアチェック

【2015.12】個人番号(マイナンバー)・法人番号の税務関係書類への記載時期

個人番号(マイナンバー)・法人番号の税務関係書類への記載時期

【2015.11】法人番号の通知書発送及び公表予定日についてお知らせします。

法人番号の通知書発送及び公表予定日についてお知らせします。

【2015.10】修繕費と資本的支出

法当社では、節電対策として自社の事務室の蛍光灯を蛍光灯型LEDランプに取り替えることを考えていますが、その取替に係る費用については、修繕費として処理して差し支えありませんか。
 なお、当社は、これまで蛍光灯が切れた際の取替費用を消耗品費として処理しています。

【2015.09】法人税の税率の引下げに関する改正

法人税の税率の引下げに関する改正

【2015.08】役員の分掌変更に伴う増額改定(定期同額給与)

当社(年1回3月決算)では、代表取締役Aが急逝したことから、急きょ、10月1日に臨時株主総会を開催し、取締役Bを代表取締役に選任するとともに、Bの役員給与を月額50万円から前任者Aと同額の月額100万円に増額改定する旨の決議を行いました。この場合、当社がBに支給する役員給与は法人税法第34条第1項第1号(役員給与の損金不算入)に規定する定期同額給与に該当しないこととなるのでしょうか。
 なお、この改定前の定期給与(その支給時期が1月以下の一定の期間ごとであるものをいいます。以下同じ。)は、前事業年度の定期給与と同額であったため、本年の定時株主総会では前年の定時株主総会において決議された額と同額とすることを決議しておりません。

【2015.07】第三者に対して債務免除を行った場合の貸倒れ

A社は、得意先であるB社に対して5千万円の貸付金を有していますが、B社は3年ほど前から債務超過の状態となり、その業績及び資産状況等からみても、今後その貸付金の回収が見込まれない状況にあります。
 そこで、A社はB社に対して有する貸付金5千万円について書面により債務免除を行うことを予定していますが、これを行った場合、A社のB社に対する貸付金5千万円を貸倒れとして損金算入することは認められますか。
 なお、A社とB社との間には資本関係や同族関係などの特別な関係はなく、A社とB社との取引はいわば第三者間取引といえるものです。

【2015.06】接待飲食費に関するFAQ vol.2

平成26年3月31日に公布された所得税法等の一部を改正する法律(平成26年法律第10号。以下「改正法」といいます。)により法人の交際費等の損金不算入制度に関する規定(租税特別措置法第61条の4)が改正され、平成26年4月1日以後に開始する事業年度から適用することとされました。
 このFAQは、2015年5月号掲載分と同様、これまで寄せられた主な質問に対する回答を取りまとめたものです。


1.自社から親会社へ出向している役員等に対する接待等のために支出する
 飲食費は、社内飲食費に該当しますか。
2.接待飲食費については、所定の事項を帳簿書類に記載することとされて
 いますが、具体的にはどのような事項を記載することとなりますか。
3.Q2の帳簿書類への記載事項について、注意すべき点はありますか。

【2015.05】接待飲食費に関するFAQ

平成26年3月31日に公布された所得税法等の一部を改正する法律(平成26年法律第10号。以下「改正法」といいます。)により法人の交際費等の損金不算入制度に関する規定(租税特別措置法第61条の4)が改正され、平成26年4月1日以後に開始する事業年度から適用することとされました。
 このFAQは、これまで寄せられた主な質問に対する回答を取りまとめたものです。

改正の概要は、2014年7月号に掲載されておりますので、そちらをご参照ください。
1.どのような費用が飲食費に該当しますか。
2.飲食費に該当しない費用には、どのようなものがありますか。
3.社内飲食費に該当しない費用には、どのようなものがありますか。

【2015.04】消費税の簡易課税制度のみなし仕入率の見直しについて

消費税の簡易課税制度のみなし仕入率の改正について教えてください。

【2015.03】役員に対する歩合給(定期同額給与)

運送業を営む当社の専務取締役Aは、役員としての職務のほか、使用人と同様に配送業務にも従事しています。当社は、Aに対し、月額の固定給のほか、月々の各人別の運送収入に歩合給を支給することとしていますが、この歩合給は法人税法第34条第1項第1号(役員給与の損金不算入)に規定する定期同額給与に該当しますか。
 なお、Aに対する歩合給の支給基準は、使用人に対する支給基準と同一です。

【2015.02】横浜中税務署からのお知らせ

横浜中税務署からのお知らせ

【2015.01】確定申告書作成会場のお知らせ

確定申告書作成会場のお知らせ

会員情報
会員リスト
会員専用メニュー
会員専用 会員リスト
メールアドレス登録
操作マニュアル
部会
青年部会
社会経済の動き
 

-天気予報コム- -FC2-
社団法人横浜中法人会
Copyright (c) 2004-2006 Yokohama Naka hohjinkai All rights reserved. Produce by saipri