公益社団法人横浜中法人会
 
公益社団法人 横浜中法人会 住所:横浜市中区不老町2-11-8 税経研修センター TEL:045-662-6433 FAX:045-641-8222
HOME 法人会概要 入会のご案内 サービス 行事予定カレンダー 他会行事予定  
公告の掲載について
新・横浜経済季評

【2012.03】創造性の欠如はありませんか

見通しの立たない原発事故からの再生

東日本大震災および原発事故の余波は1年近く経過した今日も続いており、その深刻度は増しているようである。想像を絶する地震と津波そして、想定外と言われる原子力発電所の連続的な爆発事故により特に福島県を中心とする原発被災地は全く見通しの立たない戦いが続いている。地震被災地は地域の方々の辛抱強い我慢、懸命な努力で少しづつ再生の歩みを始めたようであるが、苦難の戦いは長期にわたると思わなければならない。しかし、大変なのは原発被災地で目下の課題は除染だとは言っても除染土の一次置き場も最終処分地も全く見通しが立たない状況のようである。また、原発の廃炉も現状はどうすればいいのか全く見通しが立たないという。

何故、原発事故は人災と言われるのか

福島原発事故は想定外の津波による自然災害だと言う人もいるが大方の見方は想定の決め方や津波対策やその後の事故対策などの不適切さは人災だと言う人が多いようである。事故の対応の分析評価は国のエネルギー政策や、監督組織、電力会社の問題、原子力科学研究の問題、原発立地問題、原発製造エンジニアリング問題、原発オペレーション問題、教育訓練問題、原発関連企業問題、モニタリング問題、事故対応問題、自治体との協定問題など多岐にわたるだけに、事故の実態もその対応の評価も正確なものはまだ出されていない。そのような段階で、素人がとやかく言うのは慎むべきであると思うが、マネジメントサイドから見ていると、今回の事故から学ぶ教訓は数々あるように思う。それは、狒和だの欠如0という人的要素を見逃すことができないと思うだけに人災と言われるゆえんがあるように思う。

創造性欠如 その1「1を見て10を知る」

とにかく原子炉を冷やす必要があるということから、消防車で放水したり、ヘリコプターから水を投下したり、大量の海水の注入を実況中継のようにTVで見せられた。そのうち、かなりの勢いで排水ロから海に汚染水が出ていることがわかり、苦労して排水溝の封鎖を行っていた。203日してようやく排水されなくなり汚染水は止まった。それからしばらくして、よく調査したら外の原子炉の排水溝からも汚染水が放出されていることが分かった。6基ある原子炉の設置形態が同じであれば、最初に漏れていた排水は外でもあるのではと気づくのが普通である。当然、即座に調査し封鎖の処置をすべきだったのではないだろうか。

創造性の欠如 その2「調べないで断言?」

低レベル放射性汚染水を電力会社は海へ放出してから記者発表し、漁業者はもちろん国際的にも近隣諸国からも批判された。その時の記者会見では、何の根拠もないのに、大海原に拡散され希釈されるので環境に対する影響はないというものだった。本当にそうだろうか。海は海底の構造や深さや海流や季節によって複雑な動きをすることはメッセージ瓶を海に流した後に拾われた処などの報告を耳にすると、海流は複雑だということが私たちは知っている。事実、最近科学調査したところ原発に近いところほど濃度が高く遠くに離れるに従って薄くなっているという拡散希釈は間違っていることが分かった。さらに海底の泥に放射能が定着し、プランクトンが泥の中の微生物を餌にしそれを小魚が食べ、さらに大きな魚が食べ食物連鎖をすることが分かったという。大きなプールに放水し希釈させるというものとは違うことに何故気づかなかったのであろうか。創造性の欠如としか思えない。だれか、やめた方がいいという人はいなかったのだろうか。

創造性の欠如 その3「地形や風は円ではない」

避難区域を設定する際、5キロ、10キロ、30キロと同心円で危険区域を設定し住民からは相当の批判があった。その後同心円ではないということが分かったわけであるが、モニタリングが完全ではないということから、同心円は変えなかった。ところが、地形や風向きや季節によって、放射性物質の拡散は「SPEED」と言うコンピュータシステムによって即時にシュミレーションされ、同心円ではない図面が描かれていた。ということであるが全く公表されず、使われなかった。実は分かっていたというから、巨額な金をかけて作ったシステムが何故有効に活用されなかったのだろうか。不思議でならない。同心円ではないだろうということぐらいは素人でもわかるのに、どうなっているのだろうか。これも、創造力の欠如と言えよう。

創造性の欠如 その4「気づいていないふりか」

最近も首をかしげたくなる問題が発生した。汚染地域から避難した方の新築の賃貸住宅のコンクリートの基礎や床が放射能で汚染されているということが分かった。まるで爆弾の上に住んでいるような恐怖を感じると住人はただただ驚いている様子だった。砕石工場が汚染されているとは知らずに砕石を生産し多くの建設工事に使用されたようである。この住宅以外にも影響が出そうである。生産業者は何の基準も示されず出荷停止の話もなかったので何の疑いもなく出荷してしまったという。しかし、何の疑いもなくというのは本当だろうか。これだけ汚染問題は各地各分野で騒がれ、農家によっては自主検査をして安全を確認してから出荷している生産者も数多くいる中で、汚染地域にある砕石に疑いを持たなかったとすれば、創造性の欠如も甚だしいと言えよう。少し酷な言い方だろうか。

経営の中の創造性欠如

テラスモール湘南がオープン

最近の話題の中に東海道線辻堂駅前にオープンした「テラスモール湘南」がある。駅前にあった大規模工場の跡地を開発して昨年11月11日にオープンしたものである。湘南最大と言うだけに床面積1 6 3 、0 0 0 、売り場面積6 3 、000屬能佚梗埒281店舗と言う湘南最大と言う大規模なものである。スーパー、コンビニ、ファストフードはもちろん銀行は2行、診療所、10シアターの映画館、今話題のカジュアルファッション店はそろい踏み、ブランドのチョコレート店、ブランドバック店、デパ地下のような食品店、家電量販店そして横浜からは有隣堂や崎陽軒も出店している。この駅周辺の人口は39、000人と言うことであるが、開店1ヵ月の実績は計画を20%も上回る好調なスタートと言うことである。かなり大きな商圏になっていることがうかがえる。ご祝儀相場があるとはいえ、近隣中小商店によっては穏やかではない。一店舗当たりの面積も既存商店街の中小商店よりは広く、しかも店舗構成は理美容院ありオーブンフレッシュベーカリーあり、花屋あり、自転車店あり、スポーツ用品店ありとほとんどの業種が揃っているだけに、このショッピングセンターの開店を喜んでいる人と、さあ、どうやって対抗したらいいかと頭を悩ましている中小商店主もいると思われる。そんななかで平塚の肉屋さん、茅ケ崎の弁当屋さん、藤沢のケーキ屋さんなど積極的に挑戦している店があることは参考になる。計画の段階からその影響を敏感に感じて早めに手を打つ創造性が欠かせないことを教えてくれる。

創造性とは気づきであり、水平展開能力

東京スカイツリーは建設中から話題を提供しており、すでに大きな観光資源として経済効果を発揮し始めている。どんなイベントもかなわない超目玉集客施設と言える。世界一の高さである634mからの眺めは関東地方一円が見えると言うからまさに絶景そのもので、一度は上まで上ってみたいというのが人情である。まだ、開業していないのに毎日のように見学者が来訪し、浅草界隈はにぎわっていると言うからうらやましい。しかし、このタワーには大きなショッピングゾーンができるため、商業者にとっては何とか出店したい場所と言うことになるが、浅草界隈の出店料の3倍もするとあっては、中小商店の出店は難しいのかもしれない。高い家賃のところで苦戦するよりはスカイツリーが集客した観光客を相手に、小判鮫商法で勝負する方が利口なやり方とも言える。超近代的なスカイツリーと一見ミスマッチな浅草の雰囲気は人気空間になるのではないだろうか。折角スカイツリーが集客してくれるわけだから、そのお客様を確保しスカイツリー効果をモノにする努力は各個店の努力にかかっている。問題はどこまでスカイツリーの影響が及ぶかである。旅行会社もスカイツリーを目玉に企画を組むと思われるので、横浜も影響なしとは言えない。かなりの観光客が流れると見るべきではないだろうか。対策は難しいがユニークなイベントでゲリラ的集客効果を上げることと、スカイツリーを敵にせず、スカイツリーの帰りには横浜中華街といったツアーを組んでもらうよう観光開発会社にユニークで魅力的な提案を考えたいものである。

本物かと驚いた「恐竜」

日本の企業はTQCや小集団活動などを通して気づき能力や改善経験を外の分野に水平展開する能力で世界に冠たる高品質な商品を提供してきた。サービスの分野でも日本的もてなしや顧客満足対応はマニュアルを超えるもので評価されてきた。まさに、あらゆる分野で創造性を発揮して、一歩先を行く仕事をしてきたはずである。マネーゲームの横行、非正規雇用制度などが私たちの創造性を奪ってきたのであろうか。もう一度仕事に取り組む姿勢を見直す必要があるようである。

会員情報
会員リスト
会員専用メニュー
会員専用 会員リスト
メールアドレス登録
操作マニュアル
部会
青年部会
社会経済の動き
 

-天気予報コム- -FC2-
社団法人横浜中法人会
Copyright (c) 2004-2006 Yokohama Naka hohjinkai All rights reserved. Produce by saipri