公益社団法人横浜中法人会
 
公益社団法人 横浜中法人会 住所:横浜市中区不老町2-11-8 税経研修センター TEL:045-662-6433 FAX:045-641-8222
HOME 法人会概要 入会のご案内 サービス 行事予定カレンダー 他会行事予定  
公告の掲載について
小池 浩二 氏
インタビュー 2016年05月
中小企業は、他ができないことをやるのが重要です。
マイスター・コンサルタンツ株式会社 代表
小池 浩二 氏  
PROFILE
国際公認経営コンサルテイング協議会 認定CMC。中小企業専門の経営コンサルタントとして平成9年4月神奈川県横浜市にて創業。実践に基づいた中小企業成長戦略のシステムづくりを旨とし、これまで経営診断・経営顧問・研修等で1,000社以上に関わる。中小企業の第一義は『継続して栄える事』と考え、継栄イズムを身上にしている。平成17年9月に出版した『なぜ、会社がうまくいかないか?』は有隣堂横浜西口店にて発売以来、7週連続ベスト3に入るベストセラー。又、平成23年1月に出版した『プレイングマネージャーの仕事術』は三省堂有楽町店、三省堂神保町本店、リブロ本店、丸善名古屋栄町店、有隣堂横浜西口店にてビジネス書ベストセラーの1位となり、全国でベストセラーになる。日本商工会議所専任講師として全国各地の商工会議所、中小企業団体中央会や各団体、企業での講演活動も積極的に行っている。2016年には、中小企業経営の基礎力アップの為の専門動画チャンネルとして小池浩二の経営.TVを立上げ予定。
URL:http://www.m-a-n.biz
上原 大祐 氏
インタビュー 2016年04月
脚は動かないけど、それをずっとマイナスと思っていると一生マイナスなんです。どんなマイナスでも最高のプラスになることがある。どうプラスに上げるかが大切。
アイススレッジホッケーバンクーバーパラリンピック銀メダリスト NPO法人D-SHiPS32代表
上原 大祐 氏  
PROFILE
社会起業家、パラリンピック銀メダリストアスリート、NPO法人D−SHiPS32代表。1981年、長野県出身。生まれながらに二分脊椎という障害を持ちながら、そのバイタリティと明るさでリーダーシップを発揮してきた。19歳で出会ったアイススレッジホッケーに熱中。2006年トリノパラリンピック日本代表として選出され、日本人選手最多のゴールを決めた。2010年のバンクーバーパラリンピックでは、準決勝のカナダ戦で決勝ゴールを決め、銀メダル獲得に貢献。現在はアスリートとして、そしてNPO法人「D−SHiPS32」の代表として多方面で活躍する。
江成 道子 氏
インタビュー 2016年03月
女性の力で社会を変えていけるなって、強く感じています。
一般社団法人日本シングルマザー支援協会代表理事
江成 道子 氏  
PROFILE
1968年8月生まれ。一般社団法人日本シングルマザー支援協会(横浜市)代表理事。一般社団法人ウーマンズエンパワメント協会(横浜市)代表理事。株式会社マーチ(中央区)シングルマザー事業部部長。神奈川県立厚木南高等学校卒業、富士短期大学経済学部中退。保険外交員として勤務、リーダーとして新人の育成にも関わる。その後、子育てをしながらいくつかの営業を経験し、起業前にはメーカーにてMD業務の傍ら新人育成、取引先研修等も兼務する。2013年7月に一般社団法人日本シングルマザー支援協会を設立し独立。シングルマザーの支援を通して、企業や行政との連携の中で、支援とビジネスの融合を目指し活動。2014年8月にはシングルマザー向けの就職イベントを横浜で開催。会員数1,200名を超え、日本で最大のシングルマザーコミュニティを運営し、ソーシャルアントプレナーとしての役割を担う。
HP:http://シングルマザー協会.com/
FB:https://ja-jp.facebook.com/singlemother.society
ブログ:http://ameblo.jp/rinamana77/
本位田 牧 氏
インタビュー 2016年02月
みなとみらい地区で全国のご当地ヒーローを呼んでショーをやりたいです。
スター☆ジャンプロジェクト代表
本位田 牧 氏  
PROFILE
1970年3月2日、横浜市中区本牧生まれ・ボストンのBerklee College of Music出身。帰国後は歌手として活動し、1996年に「地球はお元気」(ミュータントタートルズED)でCOLUMBIAよりデビュー、翌年にはマクドナルドCM/ベーコンチーズダブルバーガーに出演。映画監督/行定勲氏の作品参加をきっかけにVideo、TV、映画等の劇盤製作にも積極的に取り組むようになる。2003年12月に恵比寿にあるガウディ株式会社へ入社し、翌年2月にガウディミュージック(音楽制作部門)を設立、その翌年にはガウディレコーズ(レーベル部門)を設立。2007年12月に音楽制作会社のM2Music株式会社を設立し、取締役に就任。音楽家MOKUとしても精力的に活動を続ける。2012年1月に映像制作及びタレントマネジメント会社のリヴィールエンタテインメント株式会社を設立し、代表取締役社長に就任。横浜市のご当地ヒーロー【横浜見聞伝スター☆ジャン】を企画・運営。2013年5月から『横浜見聞伝スター☆ジャン外伝〜横濱謎解き大作戦じゃん!〜』、同年10月から『横浜見聞伝スター☆ジャン外伝〜Episode:1〜』をTVKにてオンエア。
ケーシー高峰 氏
インタビュー 2016年01月
「ベン・ケーシー」がブームだったでしょ、それからヒントを得て、親も喜ばせてやろうと白衣着て漫談やったんです。
俳優・漫談家
ケーシー高峰 氏  
PROFILE
昭和9年生まれ。山形県・新庄北高等学校卒業後、日本大学医学部に入学、途中から芸術学部に転部。卒業後、漫才のリーガル天才・秀才のもとで漫才を修行。ジャズ歌手の地方公演の司会などをする。1967年から「エプロン寄席」(テレビ朝日)、69年から「おいろけ寄席」(テレビ東京)のレギュラー司会を担当。70年には役者として「冠婚葬祭入門」で映画初出演。77年にはNHK銀河テレビ小説「オリンポスの果実」でテレビドラマデビューを果たした。以後、渋いバイプレーヤーとして大河ドラマや朝の連続テレビ小説、映画に出演するなど幅広く活動している。
山本 勇夫 氏
インタビュー 2015年12月
日本はCTやMRIの保有率が世界一ですから、有効利用するためにも40歳過ぎたら脳ドックに是非行ってください。
横浜市立脳卒中・神経脊椎センター病院長
山本 勇夫 氏  
PROFILE
昭和44年名古屋大学医学部卒業。
シンシナチ大学、フロリダ大学(米国)脳神経外科、東海大学脳神経外科講師・助教授、横浜市立大学附属市民総合医療センター病院長、横浜市立大学脳神経外科教授などを経て平成20年8月より現職。
大崎 哲郎 氏
インタビュー 2015年11月
日本人はおまわりさんを頼りにしている。でも労苦のわりに報われていないと思います。
神奈川県公安委員会 委員長
大崎 哲郎 氏  
PROFILE
24年7月25日生まれ。昭和48年3月/日大法学部卒業。平成元年/日本青年会議所神奈川ブロック会長就任。平成18年/鎌倉商工会議所会頭就任。平成24年/神奈川県公安委員就任。平成27年/神奈川県公安委員長就任。平成26年春/藍綬褒章受章。
石田 太志 氏
インタビュー 2015年10月
日本でもアジアでも、フットバッグは魅力的なスポーツだと多くの人に知ってもらいたい。
プロフットバッグプレイヤー
石田 太志 氏  
PROFILE
1984年、神奈川県生まれ。2014年フットバッグの世界大会であるWorld Footbag Championships 2014にて優勝しアジア人初の世界一に輝いた日本を代表するフットバッグプレイヤー。2006年にはカナダに1年間、2008年にはヨーロッパに渡り、フットバッグの技術を磨きながら海外の多くの大会に出場し入賞。現在世界でただ一人のプロフットバッグプレイヤーとしてメディア出演やパフォーマンス活動も精力的に行っている。最近では「めざましテレビ」や「ZIP!」「NEWS ZERO」「1億人の大質問!?笑ってコラえて!」にも出演した。またフットバッグを使用したサッカースキルアッププログラムや他スポーツでの股関節トレーニング、高齢者の方への介護予防としてのトレーニングも各地で行っている。また、日本サッカー協会の夢先生の資格も保有しており、全国の小中学校で夢について教えている。
高橋 伸昌 氏
インタビュー 2015年7月
公益社団法人横浜中法人会が、第4回通常総会開く。各議案を原案通り承認可決、新会長に高橋伸昌氏を選出。
公益社団法人横浜中法人会会長
高橋 伸昌 氏  
PROFILE
横浜市生まれ
学歴/昭和57年3月 慶應義塾大学経済学部卒業
職歴/昭和57年4月 野村証券株式会社入社 岐阜支店勤務
   昭和61年8月 野村証券 従業員組合 専従
   平成元年8月 野村証券株式会社 銀座支店勤務
   平成 5年6月 野村証券株式会社 名古屋駅前支店勤務
   平成 6年6月 株式会社江戸清 入社 事業部長
   平成 8年8月 取締役就任
   平成10年8月 専務取締役就任
   平成12年8月 代表取締役社長就任
   現在に至る
主な公職/横浜商工会議所2号議員、山下町町内会副会長、加賀町交通安全協会副会長、神奈川県加賀町警察協議会会長、横浜中華街発展会協同組合副理事長、横浜中華街大通り商店街振興組合副理事長、社団法人日本ハンバーグ・ハンバーガー協会理事
趣味/釣り、ゴルフ
小松 成美 氏
インタビュー 2015年6月
作家として優秀だとか、いい原稿を書くだけでなく、人間として信頼に足る者であろうと。
ノンフィクション作家
小松 成美 氏  
PROFILE
ノンフィクション作家/兵庫県立大学 客員教授。神奈川県横浜市生まれ。専門学校で広告を学び、1982年毎日広告社へ入社。その後、放送局勤務などを経て、1990年より本格的に執筆を開始する。主題はスポーツ、映画、音楽、芸術、旅、歴史など多岐にわたる。情熱的な取材と堅い筆致、磨き抜かれた文章にファンも多い。スポーツアスリートへの真摯な取材には定評があり、スポーツノンフィクションに新境地を開いた。また歌舞伎をはじめとした古典芸能や西洋美術、歴史などにも造詣が深く、関連の執筆も多い。現在も数多くの人物ルポルタージュ、スポーツノンフィクション、インタビュー、エッセイ・コラムを執筆、雑誌や書籍にて精力的に発表している。趣味:スポーツ観戦、映画・舞台鑑賞、読書、旅行、散歩。
北見 秋満 氏
インタビュー 2015年5月
人間をよく見ている作品にもっと光を当てたい。
「ヨコハマ映画祭」実行委員長
北見 秋満 氏  
PROFILE
1956年新潟県佐渡生まれ。能楽を大成した世阿弥の佐渡配所、正法寺で世阿弥の腰掛石を的に見たててひたすらボールを投げ続ける野球少年として育つ。日大映画学科に進学後、たどり着いた先がヨコハマ映画祭立ち上げの現場、鶴見京浜映画劇場。番組企画などに携わりながら監督デビュー前の阪本順治などと交わる。1992年よりヨコハマ映画祭実行委員長。1998年横浜文化賞奨励賞受賞を契機に映画発祥の地リヨン・リュミエール研究所での日本映画祭に参画する。実行委員会としてこれまで、サントリー地域文化賞、ヨコハマ遊大賞などの受賞がある。
藤嶋 俊會 氏
インタビュー 2015年4月
実業の世界にどっぷり浸かりながら、隠者の世界と、両方にバランスを持って過ごした(三溪は)すごい人だなと思う。
原三溪市民研究会副会長
藤嶋 俊會 氏  
PROFILE
1943年会津若松生まれ。1968年中央大学法学部卒業、神奈川県庁勤務。1975年神奈川県民ホール開館時からギャラリーの企画運営に従事。1980年学芸員資格取得。1996年(財)神奈川芸術文化財団事業部ギャラリー課長兼プロデューサー。2004年財団法人神奈川芸術文化財団(神奈川県民ホール)を退職。1999〜2008年横浜美術短期大学非常勤講師。主な企画展「岡部昌生・北山美夫」展、「西雅秋・山本直彰」展、「清水伸・田辺光彰」展ほか。著書『かながわの野外彫刻』(神奈川新聞社)、『昭和の美術(彫刻編)』(共著、毎日新聞社)。現在、美術評論家連盟会員。屋外彫刻調査保存研究会会長。原三溪市民研究会副会長。神奈川新聞「かながわの文化時評美術」担当。
坂本 雄次 氏
インタビュー 2015年3月
マラソン大会で、多くの参加者に、日頃トレーニングした結果を表現してもらう、その場面づくりが一番やりたいことでした。
横浜マラソン組織委員会プロデューサー
坂本 雄次 氏  
PROFILE
1947年神奈川県茅ケ崎市生まれ。ランニングプロデューサー。1976年30才の時、健康(ダイエット)のため独自でランニングを始める。1993年7月、「100劵Ε襯肇薀泪薀愁鵝廚覆匹離薀鵐縫鵐安膕颪魎覯茵Ρ娠弔垢襦奮堯縫薀鵐福璽此ΕΕД襯優垢鮴瀘。その前年(1992年)には日本テレビ「24時間マラソン」の企画立ち上げに携わる。2007年3月、神奈川県初となるフルマラソン「湘南国際マラソン」の立ち上げに尽力。2013年5月、市民参加型のフルマラソン「横浜マラソン2015」の大会プロデューサーに就任。新たな大会づくりに奔走している。著書「ウルトラマラソンのすすめ」(平凡社)、「フルマラソン完走法」(主婦の友社)、「なぜあなたは走るのか激痛に涙溢れてもなお」(日本テレビ出版)、「あなたもできるフルマラソン」(学習研究社)など。AIMS公認距離計測検定員・国際スパルタスロン協会日本支部代表・一般社団法人日本ウルトラランナーズ協会(JUA)理事
阿部 義昭 氏
インタビュー 2015年2月
人と一緒になって、若い人の目線で話をしながらやっていくこと。それが若手を育てる、技術の伝承になると思っています。
横浜マイスター/(株)崎陽軒本店総料理長
阿部 義昭 氏  
PROFILE
昭和29年生まれ。中国料理の名門「中国飯店」で修業。日本料理「吉祥」の中国料理部門「天苑」を経て、六本木鳥居坂ガーデン「露店(ルーテン)」にて35歳で料理長となる。平成8年より崎陽軒本店にて活躍。平成16年9月、崎陽軒本店総料理長に就任。平成26年8月、平成26年度横浜マイスターに選ばれる。
ナイツ(塙 宣之氏、土屋 伸之氏)
インタビュー 2015年1月
苦手なものを減らしていったらスタンダードな漫才になった。
漫才師
ナイツ(塙 宣之氏、土屋 伸之氏)  
PROFILE
2001年ボケの塙と、ツッコミの土屋の漫才コンビを結成。内海桂子の弟子として活動。2003年漫才協団(現・漫才協会)・漫才新人大賞受賞。2008年お笑いホープ大賞THE FAINAL優勝&NHK新人演芸大賞受賞。M-1グランプリでは2008年、2009年、2010年3年連続で決勝進出!!THE MANZAI2011準優勝。落語芸術協会、三遊亭小遊三一門として寄席でも活躍中!
綿引 万里子
インタビュー 2014年12月
こんなに精神的に自由でいられる仕事はないと感じて、裁判官の道に進みました。
横浜家庭裁判所長
綿引 万里子
PROFILE
昭和30年生まれ。
昭和52年 司法試験合格。平成13年4月 東京地方裁判所部総括判事。平成17年3月 司法研修所教官。平成18年10月 東京高等裁判所判事。平成21年3月 最高裁判所上席調査官。平成24年3月 宇都宮地方裁判所長。平成26年7月 横浜家庭裁判所長
栗栖 良依
インタビュー 2014年11月
このフェスティバル(パラトリエンナーレ)は、ただ見に来るだけでなくて、自分ごととして捉えてほしい。
ヨコハマパラトリエンナーレ総合ディレクター
栗栖 良依
PROFILE
美術・演劇・イベント・製造と横断的に各業界を渡り歩いた後、イタリアのドムスアカデミーにてビジネスデザイン修士取得。その後、東京とミラノを拠点に世界各国を旅しながら、様々な業種の専門家や企業、地域コミュニティを繋ぎ、商品やイベント、市民参加型エンターテイメント作品を手掛ける。
2010年3月、右脚に悪性線維性組織球腫を発病し休業。2011年4月、右脚に障害を抱えながら社会復帰を果たす。横浜ランデヴープロジェクトのディレクターに就任し、スローレーベルを立ち上げる。現在は、スローレーベルのディレクターとしてプロジェクト全般の企画開発と推進を担っている。
川瀬 賢太郎
インタビュー 2014年10月
皆さん、ぜひ、演奏会に足を運んで、人生が豊かになってゆくことを体感して頂けるとうれしいです。
神奈川フィルハーモニー常任指揮者
川瀬 賢太郎
PROFILE
1984年東京生まれ。
2007年東京音楽大学音楽学部音楽学科作曲指揮専攻(指揮)を卒業。これまでに、広上淳一氏をはじめ各氏に師事。2006年10月、東京国際音楽コンクール〈指揮〉2位(最高位)入賞。以来、読売日本交響楽団など各地のオーケストラから次々に招きを受ける。2012年1月、細川俊夫作曲 平田オリザ演出「班女」広島公演にてオペラデビュー、好評を博す。2012年10月、ユナイテッド・インストゥルメンツ・オヴ・ルシリンと細川俊夫作曲「大鴉」オランダ初演の大役を果たす。2011年4月、名古屋フィルハーモニー交響楽団 指揮者に就任。2014年4月より神奈川フィルハーモニー管弦楽団 常任指揮者に就任。三重県いなべ市親善大使。八王子ユース弦楽アンサンブル音楽監督。
黒岩 裕次
インタビュー 2014年7月
神奈川に行ってみたい、住んでみたい、魅力あふれる引きつけられる神奈川にしたい。
神奈川県知事
黒岩 祐治
PROFILE
昭和29年9月26日生まれ。兵庫県神戸市出身。
昭和55年3月 早稲田大学政経学部卒業。昭和55年4月(株)フジテレビジョン入社。平成21年10月 国際医療福祉大学大学院教授。平成23年4月 神奈川県知事に就任。
【趣味】歌、ミュージカル 、ダイビング【座右の銘】「愚直」
倉谷 仙太郎(マサヒロ水野)
インタビュー 2014年6月
「日本人だろう?何で日本の芸をやらないんだ?」って言われて、ショックを受けて。
神楽師(ジャグラー)
倉谷 仙太郎(マサヒロ水野)
PROFILE
本名 水野雅広。昭和36年12月5日生まれ。愛知県名古屋市出身、横浜市在住。
略歴/小学校5年生の頃からケン玉を始める。高校1年生と3年生の時、日本テレビの「TVジョッキー奇人変人コーナー」にケン玉で出演。その頃から西洋風のお手玉(ジャグリング)に興味を持ち、独学で身につける。またYO-YOの世界大会では95年、96年と2年連続でブロンズメダルを獲得(アメリカンYO-YOアソシエーション主催)
ジャグラー マサヒロ水野としてのみならず、江戸曲独楽・三増左紋としても活躍中(三増左紋としての活動が認められ、シルク・ドゥ・ソレイユの登録パフォーマーでもある)。また神楽師 倉谷仙太郎としても活動を開始。獅子舞や祭囃子・神楽太鼓等の普及・伝承活動、祭礼での奉仕、調査研究にも精力的に取り組んでいる。
志澤 政勝
インタビュー 2014年5月
港の近くに駅があって、街もそばにあり、古いものと新しいものが共存していて、いろんな施設があるのは横浜だけだと思います。
横浜みなと博物館副館長
志澤 政勝
PROFILE
1952年生まれ。
横浜海洋科学博物館学芸員を経て、横浜マリタイムミュージアム学芸課長、現在横浜みなと博物館学芸課長兼副館長。公益財団法人帆船日本丸記念財団理事。
主な担当展覧会「日本の客船」「横浜の造船業」「船の画家 柳原良平」「横浜港を彩った客船」「歌、映画、小説のなかの横浜港」「魅惑の日本の客船ポスター」など。
共著に『横浜港大桟橋物語』(JTBパブリッシング)、『横浜開化錦絵を読む』(東京堂)。現在、横浜市広報課・神奈川新聞社共同編集の季刊誌「横濱」に「横浜港物語 文学に描かれた港の風景」連載中。
大和田 伸也
インタビュー 2014年4月
渋い、血液がドロドロ流れているような、重い役をやりたいと思っています。
俳優
大和田 伸也
PROFILE
福井県敦賀市出身。
趣味:絵画、写真、文筆。特技 居合(夢想神伝流 三段)
早稲田大学在学中に演劇を始め、「劇団四季」などを経てNHKテレビ小説「藍より青く」で人気を得る。その後「ありがとう」「水戸黄門」等のテレビ、「犬神の悪霊」等の映画、「細雪」「王女メディア」、ミュージカル「アニー」等の舞台に出演。最近では、舞台の演出やエッセイスト、講演等多方面に活躍の場を広げている。
山口 宏
インタビュー 2014年3月
ご一緒に横浜のスポーツの発展を支えていただければありがたいと思っています。
公益財団法人横浜市体育協会 会長
山口 宏
PROFILE
昭和34年、横浜生まれ。
巨人軍の長嶋茂雄選手にあこがれ、また祖父久像氏(横浜スタジアム初代社長)の影響もあり、小学4年生から野球を始める。
東海大相模高校時代は、野球部の主将。
チームは強打で鳴らし、原辰徳選手(現巨人軍監督)らとともに、春夏合わせ計4回の甲子園大会出場を果たす。
卒業後は立教大学へ進むが、ケガで野球を断念。
野球への情熱は変わらず、現在も社会人野球チーム「横浜金港クラブ」の部長のほか、横浜野球協会会長、横浜野球連盟会長など様々な役職をつとめ、地域スポーツ界をサポートする。
平成22年、横浜市体育協会の第8代会長に就任。
電気工事やビル管理を行う(株)共栄社の社長。
趣味は映画観賞。
宮脇 昭
インタビュー 2014年2月
無駄なものは一つもない。これが自然の掟です。
(公財)地球環境戦略研究機関 国際生態学センター 所長
 横浜国立大学 名誉教授
宮脇 昭
PROFILE
昭和3年1月29日 岡山県に生まれる。 昭和27年 広島文理科大学(現:広島大学)生物学科卒業。 昭和33〜35年 ドイツ国立植生図研究所研究員。 昭和36年 広島文理科大学より理学博士号。 昭和48年〜平成5年 横浜国立大学環境科学研究センター 教授。 昭和60年〜平成5年 横浜国立大学環境科学研究センター長兼任。 平成5年〜 横浜国立大学 名誉教授。 平成5年〜 (財)国際生態学センター長。 平成19年〜 (公財)地球環境戦略研究機関 国際生態学センター長。
立川 志らく
インタビュー 2014年1月
「今度入った弟子はすごいよ」って、前座のくせに天下の立川談志に2つも「イヤです」と逆らったので。
落語家
立川 志らく 師匠
PROFILE
1963年8月16日生まれ。東京都出身。1985年10月 立川談志に入門。1988年 二つ目昇進。1995年 真打昇進。現在弟子15人をかかえる大所帯。落語家、映画監督(日本映画監督協会所属)、映画評論家、エッセイスト、昭和歌謡曲博士、劇団主宰と幅広く活動している。渋谷伝承ホールの「志らくのピン」、横浜にぎわい座の「続・志らく百席」の定期独演会をはじめ、仙台、盛岡、富山、京都、福岡、鹿児島ほか全国で独演会を開催。著書多数、新刊に「銀座噺・志らく百点」。
officeダニーローズ http://www.shiraku.net/

会員情報
会員リスト
会員専用メニュー
会員専用 会員リスト
メールアドレス登録
操作マニュアル
部会
青年部会
社会経済の動き
 

-天気予報コム- -FC2-
社団法人横浜中法人会
Copyright (c) 2004-2006 Yokohama Naka hohjinkai All rights reserved. Produce by saipri