公益社団法人横浜中法人会
 
公益社団法人 横浜中法人会 住所:横浜市中区不老町2-11-8 税経研修センター TEL:045-662-6433 FAX:045-641-8222
HOME 法人会概要 入会のご案内 サービス 行事予定カレンダー 他会行事予定  
公告の掲載について
眦帖” 氏
インタビュー 2017年11月
本格的に世界チャンピオンを目指そうと、もっと練習するようになりました。
競技ヨーヨー世界チャンピオン
眦帖” 氏  
PROFILE
アクロバティック・ヨーヨーパフォーマー 。1996年10月7日生まれ 横浜市立大学在学中。静岡県浜松市出身 横浜市金沢区在住。エイベックス・マネジ メント所属。ヨーヨーファクトリープロチームメンバー。近年スポーツとして世界中で親しまれているヨーヨー。父の影響で小学1年生の頃にはじめ、 高校1年生の時にはじめて世界チャンピオンに。世界でも彼にしかできない、ダンスやアクロバットと融合したヨーヨーパフォーマンスは必見。また、 2017年8月アイスランドレイキャビークで行われた「WORLD YO-YO CONTEST(世界大会)」で2連覇を達成した。

──横浜市立大学に在学中で、いま授業が終わったところだそうですね。練習でお忙しいのに、ちゃんと受講されているのですね。

はい、と言わざるを得ないですけど(笑)両立できるよう頑張っています。

──2012年に続いて、昨年も競技ヨーヨーの世界大会WORLD YOYO CONTEST 2016 で優勝されました。両手で2つのヨーヨーを操る「2A部門」ですね。ヨーヨーと出会ったのは?

小学1年生の時、父親に教わって始めました。僕は1996年生まれで、ちょうどハイパーヨーヨーのブームがあったんです。父が「犬の散歩」とかの技を見せてくれて、すごいかっこよく見えたんです。難しいのだと「三日月」とか、こう、ヨーヨーを上に上げるんですけど。

──アー、まさに三日月の形にヨーヨーが振られるんですね。

「お父さんが世界で一番うまい」と思い込んでいました(笑)。僕は静岡出身で、隣の愛知県で練習会があって家族で見に行ったら、当時の世界チャンピオンが見たことのない技をやっていて、「すごい人がごろごろいるんだ」とショック。もっと練習しなきゃと、月1回の練習会に行って技を吸収して、また家で練習しての繰り返しです。

──2010年にはお父さんと親子で大会に出て優勝されたそうですね。

ハイパーヨーヨーの親子大会です。その年は、僕が初めて(一人で)競技ヨーヨー世界大会に出て、3位になった年でもあります。中学2年生です。アメリカのフロリダ州でありました。

──その頃は、今やっているバック宙(後ろ向き宙返り)とかを入れたアクロバット的なものではなく、ヨーヨーの技だけだったのですか。

はい。ただ、人前でやって楽しませるのが好きなので、他のプレイヤーに比べたらパフォーマンスを多く入れてたと思います。中学2年の世界大会の前に、日本大会があって、準優勝したんです。そのとき、競技用ヨーヨーのシェアナンバーワンのアメリカのメーカー(ヨーヨーファクトリー)にスポンサーになって頂くことが決定して、それから本格的に世界チャンピオンを目指そうと、もっと練習するようになりました。中学2年生がターニングポイントだと思ってます。次に世界大会に出たのは高校1年生で、優勝しました。

──中2で契約ってカッコイイですねえ(笑)。では今はスポンサーがサポートしてくれているのですね。

ええ、ヨーヨーの支給とか、海外遠征費とか、だいたいサポートして頂いてます。

──いまお持ちになっているバッグは?

ヨーヨーが11個入ってます。ヨーヨーファクトリーで僕のオリジナルモデルを発売して頂いていて、それを使って大会に出て、練習にも使ってます。

──金属製のヨーヨーはけっこう重みがありますね。

すごい回転するんです。当たると結構痛いです(笑)。

──利き手は右なのに左手でも同じ動きをするのは難しくないですか。

左と右は別の動きをしているんです。左腕に右手の紐を巻き付けたり。動画を見て頂くのが早いかもしれません(笑)。

──わあ、すごい動きですね。YouTubeで眦弔気鵑留薺擦鮓ても2つのヨーヨーがどうなってるのかわからない、速すぎちゃって(笑)。

(競技では)3分間、止まるとその間点数が入らないので、ずっとヨーヨーを回してないと勝てないです。(ヨーヨーの長い紐を)人差し指に引っかけて回したり、逆の時は小指も使ってる。なので、真ん中の指にはめるのがいいんです。中指は変形してます。

──あっ、指がくぼんで関節がもう一つあるみたいですね。演技のプログラムはご自分で組み立てるのですか。

はい、自分で作るのが一般的です。8割くらいはオリジナルの技。ほかの選手や、ほかの部門の動きを基に改良したりします。僕はオフシーズンにいろんな動画を見たりしてアイデアをいくつか貯金しておいて、技を練ります。大会2ヶ月くらい前に音楽を決めてそれを組み合わせる。音楽に合うかちょっとずつ変えていって。音楽も自分で編集するんです。

──どういう音楽を?

EDM(エレクトロニック・ ダンス・ミュージック)とかが好きで、そういった音楽を中心に。アクロバットを入れたり盛り上がるのが自分のスタイルだと思っているので。クラシックとかしっとりしたジャンルではちょっと、バック宙はどこでやろうってなるので、難しいですね(笑)。

──審査も大変ですね。あの演技のスピードで、見て判定しないといけないのですから。

瞬きしていると、その間に2点くらいは…(笑)。フィギュアスケートとかのトリプルアクセルなら何点みたいに、ヨーヨーの動き方、エレメント(技術要素)で、どれだけ難しいことをやっているか、瞬時に判断しなくてはいけないので、審査員も大変だと思います。

──世界各国に大会に行って、得点を争うのはフィギュアのようですね。

点数の付け方で似ているところは、技術点と芸術点に分けて、最高得点を取った人が1位。国際ヨーヨー連盟で、スポーツとして評価されるルールを更新しています。(大会では)バック宙だけでは点数にならないんです。僕の種目では、両手でヨーヨーが円軌道していないと点数にならないので、バック宙しながらヨーヨーを回すんです。上に飛び上がる瞬間にヨーヨーを手からリリースして回転させながら自分も回転する。ダンスやアクロバットを取り入れている人はいないので、自分が先駆者みたいになっていろいろできないかなと研究しています。

──各国に出かけることが多いですね。

年に2〜3回。今年は、中国にゲストプレイヤーに呼んでもらって、8月の世界大会がアイスランドで、11 月には韓国でイベントがあります。(大会仲間と)いっしょにご飯に行ったりして海外に友達ができることと、刺激を受けることが多くなったのもヨーヨーの良いところだと思います。

──ほかにも良かったことはありますか。良くなかったことは?

僕、小学校1年生くらいの時は人前に出ると泣いちゃうくらいシャイだったんです。練習会に行っても、高校生や中学生が多いので年上の人に話すのが恥ずかしくて、父親の影に隠れてました(笑)。大会に出てから、人を楽しませることが大好きになって、そのためにどういうパフォーマンスをしたらいいか常に考えていて、考える力が付きました。悪い点は、まだマイナー競技なのでおもちゃという印象が強くて、「しょせんヨーヨーでしょ」みたいに言われることがあるんです。自分の演技とかヨーヨーの動画を見せたら考えを変えてくれるんですけど、もっと認知してもらって、(どの演技が)難しいのかわかってもらいたいです。

──解説付き実況放送があるといいですね。全国大会はニコニコ動画生放送でみられるそうですが。ところで、横浜市立大学に入って横浜での学生生活はいかがですか。

はい、ダンス部に入っていてその練習とか、アパレルの仕事のアルバイトもしていて、充実しています。(趣味は)YouTubeで、ダンスを見たり。パルクールっていう街の中をよじ登ったりバック宙したりするのは、見てると(ヨーヨーに生かそうと)発想は広がるんですけど、やってみてもヨーヨーができなくてアクロバットだけやってる(笑)。

──ヨーヨーと大学とダンス部とバイトと、とても忙しいですね。

世界大会前はアルバイトは休んだり、友達に誘われても大会があるからダメとか、どれを主軸に置くか、ストイックにならないといけないところは、ならないと。

──いま大学3年生ですね。今後はどう考えておられますか。

来年、就活で、今は悩んでいる時期です。今年から芸能事務所エイベックス・マネジメントの所属にもなったので、パフォーマーで生計を立てたいというのはあるんですが。自分のヨーヨーを発揮できる所に(就職)できたらというのはあります。

──ヨーヨーには定年はないですよね。

ないですけど、僕はアクロバットを入れているので、果たして50歳でできるか(笑)。

日本ヨーヨー連盟上村氏談

世代・性別関係なく多くの方々に「競技ヨーヨー」に興味を持ってもらいたいので、トリック(技)の検定会を行ったり、かっこいいパフォーマンスをする選手達に活動の場を提供し、まずは「競技ヨーヨー」を認知してもらえるよう活動を行っています。地元の企業さんのイベントでパフォーマンスを披露することもできますので、もしご興味がありましたら気軽にご連絡ください。どうぞよろしくお願いします。来年ですが、2018年の日本チャンピオンが決まる全国大会を、紅葉坂の横浜市教育会館で開催します。ぜひお越しください。

第20回2018年全日本ヨーヨー選手権大会
2018年5月26日(土)・27日(日)
会場:横浜市教育会館(神奈川県横浜市西区紅葉ケ丘53番地)
アクセス:JR桜木町駅から徒歩10分
HP:http://www.jyyf.org/2018JN
問い合わせ先:一般社団法人日本ヨーヨー連盟電話0587‐38‐1221

横浜市立大学にて(7月24日取材)インタビュアー 福井・中野・大川

会員情報
会員リスト
会員専用メニュー
会員専用 会員リスト
メールアドレス登録
操作マニュアル
部会
青年部会
社会経済の動き
 

-天気予報コム- -FC2-
社団法人横浜中法人会
Copyright (c) 2004-2006 Yokohama Naka hohjinkai All rights reserved. Produce by saipri