公益社団法人横浜中法人会
 
公益社団法人 横浜中法人会 住所:横浜市中区不老町2-11-8 税経研修センター TEL:045-662-6433 FAX:045-641-8222
HOME 法人会概要 入会のご案内 サービス 行事予定カレンダー 他会行事予定  
公告の掲載について
まあるくあるく

【2020.10】今日は卵ってことでどうでしょう。

連載を始めた当初、己に課したルールがありました。それは、時事に関することは書かない、あとは、食に関することは書かないという事でした。時事ネタに関しては、アタマの悪い僕には、書かないというより、書けない。食に関することは、えっと、あっさり自分ルールを破って相当数、書いちゃってます。書いちゃっていますが、なにせ登場するのが、おでんの中のちくわぶ、とか、叔母から送られてくる明太子だとか、先月は冷や麦がどうだこうだ、とか、立ち飲み屋でグズグズ呑んであーだこーだ、とか、ま、僕の人間としての器と比例して、テーマのスケールも小さいのなんの。でも、今回は違うぞ。

昨夜、いつもの立ち飲み屋で店員のまきチャンに、明日エッセイの締め切りなんだけど書く気がしね〜、書きたいこともね〜、あ〜やだやだ、なんか、ひとこと言って、それについて書いてみるからさ〜、と、ユルイ話しをしていたところ、彼女は少し考えて、小さな声で「卵は?」と呟きました。

僕も、はたと数秒考え、卵という手があったか!と小さな声で唸りました。

卵。数ある食材の中でこれほどの大物がありましょうか。ここから先、卵のアレルギーなどがある方には申し訳ありませんが、卵の事を卵かけごはん的にズルズル書いていくこととなります。

人生最後の食事は何がいい?ただし、あの店のあの料理、といったピンポイント回答は無しね、という、必ず盛り上がる会話がありますが、そこで、えーっと、卵かけごはんかなぁ、と応える人が思いのほか多い気がします。そこには、わざと地味なチョイスをしてウケを狙っているというより、数ある大好物の中から悩みに悩み、最終的に子どもの頃から食べつけた卵かけごはんに着地してしまうみたいです。卵はもう、身近過ぎてその存在の大きさを気にかけていませんね。目玉焼きだって、好みの焼き具合もけっこう細かく分かれるし、醤油派だのソース派だの無意識にこだわってる。「卵を焼き固めた料理」っつたって、卵焼きだのオムレツだの厚焼き玉子だの、出汁巻き卵だの、それに混ぜ混む具材や、かけるソースによって料理名は無限だし。

茹でたって、その好みは様々、静かに揺れる温泉卵だって、人によっていろいろ。茹でるだけではモノ足らず、味付けタマゴに昇進することもしばしば、卵が入ってないおでんなんて!とほとんどの人が言うしさ。卵を制すれば料理を制する、といった発言をする料理人さんをテレビで観たことあるし、寿司屋に行って卵を食べればその店の実力が解ります、などとウソかホントかしたり顔でいうインチキ臭いグルメなヒトもいますしね。

相変わらずハナシが飛びますが、僕が取り上げたいのは、烏骨鶏の卵がどうだとか、黄身が箸で摘まめる云々とか、そういうブランド卵じゃ無くてですね、フツーのスーパーで手に入るフツーの卵の実力です。庶民の味方の卵の生き方です。自ら食卓というアリーナのセンターに立とうとはしないけれど生活の中の絶対メンバー。その気になればいつでも主役を張れるけれど、めったにそんな派手なことはしない。卵は、卵として、そこにあればいい。真の実力者は人混みの中で目立とうとはしませんね。卵の立ち位置はまさにそれ。

スーパーの中でマグロ大トロ特売コーナーや松坂牛大特価がスポットライトを浴びているその時、実力者である卵は、いつもの棚で、ワタシL玉です毎度どうも、ワタシM玉ですこんにちは、と、騒がず静かに、皆さんの食卓に運ばれるのを穏やかな笑顔で待っていますね。実力が無ければできない所作と言えるでしょう。僕は18歳から始まった独り暮らしの中、卵があれば大丈夫、といった卵信仰のようなものがキモチの中に強くあります。

今回もまた、ゆるゆるな文章になってすみません。書いてるうちに唐突にゆるゆるな茶碗蒸しを食べたい気分になりました。最近、茶碗蒸し、食べました?

Photo:藤間 久子『Slowly』

会員情報
会員リスト
会員専用メニュー
会員専用 会員リスト
メールアドレス登録
操作マニュアル
部会
青年部会
社会経済の動き
 
社団法人横浜中法人会
Copyright (c) 2004-2006 Yokohama Naka hohjinkai All rights reserved. Produce by saipri