公益社団法人横浜中法人会
 
公益社団法人 横浜中法人会 住所:横浜市中区不老町2-11-8 税経研修センター TEL:045-662-6433 FAX:045-641-8222
HOME 法人会概要 入会のご案内 サービス 行事予定カレンダー 他会行事予定  
公告の掲載について
まあるくあるく

【2020.09】冷や麦日和。

横浜に梅雨明け宣言が出た日にこの原稿を書き始めているワケですが、この稿が皆様の目に触れるのは9月です。ヘンなカンジ。

さて、冷や麦、のハナシからスタートしますが、どんどんハナシが横道に逸れていくのは目に見えていますけれど、書き進めることとします。

この冷や麦、とっても美味しいから食べてみてねオサム君、と、まゆみちゃんは一束の冷や麦の乾麺をトートツに僕にプレゼントしてくれたのでした。

あ、まゆみちゃんというのは、僕の行きつけの、杉田にある立ち飲み屋さんで働いてる、人をいつも和やかな気持ちにさせちまう優しい笑顔の女性です。ちなみに僕と同い年。

で、その冷や麦を早速自宅で食べてみたところ、僕の今までの冷や麦人生(?)を覆すほどのおいしさ!(大げさ)。ワタシはどっちかっつーと素麺派だな、いや僕は何と言っても冷や麦派です、といった大雑把な括りの楽しい論争は置いといて、まゆみちゃんがプレゼントしてくれたのは、当然、素麺よりも太い冷や麦の中でも、さらにちょっと太めの、だからと言って、細うどんをちょっと細目にしてみました、というほど太くもなく、いい意味で、ちょうどいいカンジで「細太い小麦粉でできた麺」なんですね。ややこしいことですみません、冷や麦の事で。

でもって、美味しいものを突然プレゼントされると、復讐(?)せずにはいられないのが僕の性分です。僕の地元農家、しかもデザイナー作の手造りオシャレな「ゆかり」の瓶詰めで仕返ししたのは当然の流れです。こうした、自分が美味しいと思ったものをお互いに紹介し合うってなんて楽しくて幸せなんだろ。

ここまでなんとなくブツブツいってますが、こういった関係って、男同士ではまずないんですね。直近の出来事が「冷や麦」と「ゆかり」のことだったのでそこから書き始めてるのですが、そういった事ってけっこう頻繁にあるワケで、九州の親類から送られてきた珍しいご当地ラーメンをおすそ分けすると、お酒によく合うなかなか手に入りにくい高級乾き物で返り討ちにあったり。ま、いろいろ嬉しいね。

そう考えると、僕には女性の友達が多い気がします。しかも同世代か、ちょっと年上の。

ずっと独身のヒト、主婦のヒト、元主婦のヒト。何と言うか、適切な言い方じゃないと思われますが、「女子会」に参加しているような。

試しにお取り寄せしてみたらとても美味しかったからあげる、とか、関内でとてもお手頃で美味しいお店見つけたから今度行こうよ、とか、珍しい調味料をみつけたの!とてもおいしいから使ってみてねハイどうぞ!とか

と、なんというかそういうことを言ってくれるオトナ女子が僕の周りには多い気がします。

ハナシを、まゆみちゃんが唐突にくれたビックリするくらい美味しい冷や麦のあたりに戻しますが。

実はその時、もう一つまゆみちゃんが僕にプレゼントしてくれたものがありました。

それは「塩」。

前述の冷や麦にしろ、この塩にしても、当然お取り寄せ、この辺に売っているものではないのですが、この塩、パッケージをよく見ると、製造元の住所が東京都青ヶ島村無番地となっています。激レア塩!味に対してのコメントは控えますね。僕のつたないレポートでは、甘みがあるだのしょっぱすぎないだの、ありきたりのコトバしかでてこないもんね。コトバで表現できない美味しい塩です。「水」とか「塩」って、その美味しさを伝えるのが最も難しいモノかもね。全ての料理の大元だもんね。

その、冷や麦、僕の大好きな人達にも配りたいので、まゆみちゃんに頼んで、送料折半でまた、追加注文してもらいましたとさ。

僕、バリバリの男独り暮らしなんだけど、こんなコト書いてると、なんだか主婦みたいだな。ね、やっぱり、また、ハナシが逸れたでしょ。梅雨明けでいい天気。冷や麦食べよ。

Photo:藤間 久子『Slowly』

会員情報
会員リスト
会員専用メニュー
会員専用 会員リスト
メールアドレス登録
操作マニュアル
部会
青年部会
社会経済の動き
 
社団法人横浜中法人会
Copyright (c) 2004-2006 Yokohama Naka hohjinkai All rights reserved. Produce by saipri