公益社団法人横浜中法人会
 
公益社団法人 横浜中法人会 住所:横浜市中区不老町2-11-8 税経研修センター TEL:045-662-6433 FAX:045-641-8222
HOME 法人会概要 入会のご案内 サービス 行事予定カレンダー 他会行事予定  
公告の掲載について
僕のお守り

【2015.08】グリーン車LOVE。

ヘンな書き出しになりますが、僕、グリーン車に乗るのが大好き。

3〜40分の乗車時間でも、グリーン車に乗りたいと思ってしまうんですね。

ビンボーなくせに、なんとゼータクな。

なんというか、あの、グリーン車特有の室内の匂いが好きなのかも。

で、どんな近場に移動するにしても、グリーン車に乗ると、必ず何か飲み食いしたくなりますね。

みなさんもそうでしょ?

え、そんなことはない?

僕は、グリーン車に座って、隣のシートの人が、何も飲まず、お菓子も食べず、というシーンに出くわすと、信じられなーい、せっかくグリーン車なのにもったいなーい、と思ってしまいます。

逆に、ビールと軽いおつまみなんかを楽しんでいるヒトをみると、なんだか気が合いそうだな、とシンパシーを感じます。

グリーン車に乗ると、アテンダントの女性がビールとかお菓子、おつまみなどを売りに来ますが、そのタイミングもギャンブル性に満ちています。

僕はせっかちなので、シートに座るとすぐにビールが飲みたいタイプ。

早く売りに来てほしいのですが、場合によっては、次の駅に到着するまで来なかったりしてね。

早く来ないかなー、と、ハラハラするのも醍醐味。

しばしば、東京の下町、もうちょっと足を伸ばせば千葉県、というシブい街に遊びに行きます。

横浜市内の自宅最寄り駅から、赤い電車に乗って、横浜まで。

そこから横須賀線直通総武線快速にのる。

んで、わずか40分くらいなのに、グリーン車。

優雅に移動するためのグリーン車なのに、慌しいです。

ビール売りに来るのをじっと待ち、ビールと柿の種を買ったら、あわててウグウグ飲みつつ柿の種を口に入れ、ウォークマンで、その時聞きたい気分の落語を選んで、イヤホンを耳に入れ、落語が始まって、ようやくヤレヤレと窓の外を眺めると、もう東京。

その、意外な慌しさをどうにかするために、時には、赤い電車でわざわざ逗子まで行って、そこからグリーン車に乗るという、遠回り、そして運賃アップ、というバカな行動っぷり。

でも、乗車時間が30分くらい増えるし、そうすると、余裕の気分でグリーン車に乗っていられるし、大船軒のサンドウイッチを買ってシートでビール片手に楽しめるし、こりゃちょっとした小旅行じゃないの!と、軽くコーフンするケーハクな僕。

独りで、静かにはしゃいでいる僕の心の内を、周りの乗客の人々は知る由もありません。

グリーン車の中でもマナーの悪い人っていますね。

子供が駆け回っているのをとがめない親とか。

シートをリクライニングするのに、後ろのシートのヒトに、すみません、と声をかけないヒトとかね。

先日たまげたのは、いい歳こいたカップル。

車内は空いていて、乗客は僕とそのカップルのみ。

僕のシートの何列か前にそのカップル。

ずっとゴソゴソと音がしていて、そのわりには会話がない。

僕はぼんやりビールを飲んでいる。

やがて、なんだか、女性のヘンな声がしてくるではありませんか。

ヤヤ!と思ったので、ビールの缶を捨てにいくついでに、そのカップルの横を通ったワケです。

とても、この誌面に書くことがはばかれる光景がそこに。

グリーン車はラブホ○ルじゃないんだから!

それとも、アダルトビ○オの隠し撮りか?

といった状況。

ビックリした!

そのカップル、60歳近い感じでした。


なんだかそんなことが書きたかったわけじゃないんだけど、ヘンなオチになってすみません、書いてる本人も驚いてます。

Photo:藤間 久子『Slowly』

会員情報
会員リスト
会員専用メニュー
会員専用 会員リスト
メールアドレス登録
操作マニュアル
部会
青年部会
社会経済の動き
 

-天気予報コム- -FC2-
社団法人横浜中法人会
Copyright (c) 2004-2006 Yokohama Naka hohjinkai All rights reserved. Produce by saipri