公益社団法人横浜中法人会
 
公益社団法人 横浜中法人会 住所:横浜市中区不老町2-11-8 税経研修センター TEL:045-662-6433 FAX:045-641-8222
HOME 法人会概要 入会のご案内 サービス 行事予定カレンダー 他会行事予定  
公告の掲載について

防災コラム

備えあれば憂いなし

 中国の故事に「備えあれば憂いなし」という言葉があります。普段から必要なものを準備しておけば、いざとなった時に困らないという意味ですが、これは防災にもあてはまります。
 前回この欄で備えのためには家族会議の開催とハザード・マップについて紹介させていただきましたが、「大規模災害に備えるために」、まず何をすべきかもう一度確認をしたいと思います。

1 家族会議の開催 (基本は企業も同じ)

,劼箸蠅劼箸蠅量魍篳担を決める
建物の耐震化と家具・機材の転倒防止など (ガラスには飛散防止フィルムを貼る)
H鷯鏤ち出し品のチェック (後述)
は⇒輅法や避難場所の確認 (外出中の家族・社員等との連絡方法なども)
ザ杁淹の電話番号の確認 (友人・知人なども)
λ漂匏盈に参加 (学校が避難所になるケースが多いのでその訓練も)
隣近所への声掛けなど (自助から共助へ)

2 避難場所への安全なルートを知るために、ハザード・マップを手に入れ、自宅の周囲を歩いてみる (倒壊の危険があるブロック塀などがある場所や木造住宅が密集している地域は避ける)

3 非常持ち出し品の準備

^貅〇ち出し品リスト (最初の避難時、男性15圈⊇性10)
 貴重品(通帳・印鑑・小銭)、携帯ラジオ、懐中電灯、ヘルメット、非常用食料と水、衣類・生活用品 (下着・タオルなど)、救急薬品。
二次持ち出し品リスト  (災害復旧までの数日間の自活用、最低で3日分出来れば5日から7日分)
 食料 (レトルト・缶詰・チョコレートなど)、水 (大人1人当たり1日3リットル)、燃料・その他 (卓上コンロ・固形燃料・洗面具・簡易トイレ・ビニール袋など)。
 ※食料は1食の目安が400キロカロリー。
F邀ぅ肇薀婬霏臙録未両豺腓砲蓮農林水産省案として、大人1人の1週間分の必須量として水21リットルや米675グラム、レトルトご飯7パック、缶詰11缶などをあげている。
■以上述べた品は目安ですので、家族の好みに合わせて準備して下さい。

4 地震時のポイント (あわてず、落ち着いて)

/箸琉汰瓦鬚呂る。
火の始末。
5泙い燃阿鉾瑤喀个気覆ぁ
っ録婿にはドアを開け、火災時には閉める。
ゼ動車は左に寄せて停車。
θ鯑颪賄綿癲∋ち物は最小限。
Д妊泙墨任錣気譴困法

5 津波から身を守る (海岸部では地震の後津波が予想される)

,燭世舛帽眤罎覆匹鉾鯑顱
⇒匹譴小さくても油断しない。
D吐箸老り返し襲ってくる。
つ吐箸見えてからでは逃げ切れない。
ト鯑颪賄綿癲∋ち物は最小限。
Ε妊泙墨任錣気譴困法

以上のことを念頭に置いて「自分の命は自分で守る」「家族の命も家族で守る」ことを心掛けて下さい。

広報委員・NPO法人日本防災環境 山田一廣


会員情報
会員リスト
会員専用メニュー
会員専用 会員リスト
メールアドレス登録
操作マニュアル
部会
青年部会
社会経済の動き
 
社団法人横浜中法人会
Copyright (c) 2004-2006 Yokohama Naka hohjinkai All rights reserved. Produce by saipri